2104+. 余命2181記事拝読

なんかデジャブる記事ですね。

余命1168記事 (20161008) たった2日間で一気に事態が動き出した。
まあ、余命は人間的には実に穏やかな性格で争いは好まないが(自分で思っているだけかも)火をつけた以上は消さなければならないし、何よりも外患罪祭りを楽しく盛り上げる責任がある。

 

1190 過去投稿記事から⑯  2016.10.14.

 進行はすべてネットで実況中継される100年に一度のお祭りである。

第六次は証拠が多いからPDFはupしないとか。

第四次の告発状も表紙だけで、中身(2ページ目以降:告発の内容)は非公開だし。

第六次の返戻文書はPDFでUpよろしく。

余命2181記事(2018/1/6).....汚染司法と行政が一体で進めてきたマンセー川崎国つくりが余命という一介の年金老人パワーが起点となり破綻しようとしている。これは、戦後、最大のお祭りになることは間違いない。神奈川県知事から横浜、川崎市長、行政、弁護士、裁判官、検事、在日や反日勢力、共産党、メディア等々、オールスターそろい踏みの実況中継バトルである。
 弁護士への懲戒請求というありの一穴が、何百にも何千にもなって、巨大なダムの堤防が崩壊しようとしているのだ。近々、我々はこの歴史的瞬間にたちあった歴史的証人になるだろう。

実況中継を盛り上げると言っておきながら、都合が悪くなると「伏せておく」

余命1331記事(2016/11/28)・・・・・事実関係の明らかなものから順次、告発 していく予定であるが、どうも、この告発状況を彼らは余命サイトでチェックしているらしい。そういう情報が入っているので、このあとの追加告発と告発済み の件はしばらく伏せておくことにしたい。

ほんと、1年前から何も変わってないのね。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

1年前から大きく違っていること。

外患罪告発は「門前払い」されること。日本再生大和会の理事が「在特会」だと余命ブログは絶対に書かなかったこと。靖国神社に「余命の中の人」はいなかったこと。会計報告がないこと、これらが明らかになった。

だから、余命の言葉は1年前と同じでも、受け止める側の気持ちが1年前とは違う。