2055. 設定破綻

5ちゃんねるのハングル板「余命三年時事日記って真に受けていいの?」スレで私がコテハンで発言していた頃は、明らかに余命チームの手先と見えるNG氏(普段はステハンで潜伏していて、突如としてコテハンで「はい!NG」と言う人)が居た。

当時の設定は、余命は官邸側のフィクサー

  • 468. フィクサー気取りを読む

あるいは、「制服組のOB」だった。余命が時々書く「学生」は防衛大の学生という意味に読めという誘導だった。

先日の「プロジェクトいなほ」バレ以降、NG氏は姿を消した。

今、余命スレに居るのは、余命チームの息のかかった人間なのか?それとも「にわか読者」なのか?設定破綻した書き込みのために、誰も食いついてくれないでスルーされて居る。

お気の毒なので、収納しておく。

597マンセー名無しさん2017/12/28(木) 10:07:03.74ID:roJfGN+l>>601
靖國神社をカネ集めのネタに利用したことはどう説明するんだ
今やってるとこであるは聞き飽きたぞ
答えてみろボケナス信者ども
600マンセー名無しさん2017/12/28(木) 10:23:05.90ID:gRZmCrDe
余命なんてヘタ打ち続きで界隈でもほはやモノ笑のタネだからな。
挙句の果てに昼日中から缶ビールかっ喰らって火病起こしてる
薄汚いYouTuberなどと組んでオワコン確定w
ゴミムシどもは財布がスッカラカンになるまで忠誠尽くしときなさいwvwvw

 

601マンセー名無しさん2017/12/28(木) 10:23:16.68ID:nqufz7YY
>>597
資金の用途はおまエラを日本から駆除する為なんだがw
靖国なんておまけだよ、おれはどうでもよい
飲み食いに使っても構わんよ、あれだけの大仕事まかせて
なんの慰労もしないなんて、朝鮮人みたいな外道は出来ないしな
602マンセー名無しさん2017/12/28(木) 10:28:57.60ID:EBhCPn6u

 余命って 
 
 アメリカ組織なのかな。 
 
 アメリカと絡んだ対策なんて 
 
 誰も考え付かないし。 
604マンセー名無しさん2017/12/28(木) 10:32:19.87ID:EBhCPn6u

 普通の日本人なら 
 自分だけども 
 
 在日問題って、日本人だけで対策する 
 と考えるだろ? 
 
 いまでも、みんなそうだけど。 
 
 アメリカからテロスライドなんて 
 余命しかいってない。 
 
 だから、余命は 
 アメリカ関係の組織なのかな? 

まさに、外圧だね。

この人は、触れてはならない存在「余命三代目A」がアメリカ帰りという設定を知らないんだろうな。

  • 1757. 三代目余命Aは消滅を読む

以下、789お知らせ (2016/5/25) から抜粋引用

いよいよみなさんの出番である。
やっと在日や反日勢力に対する反撃サイトを立ち上げた。

まず、保守系裁判支援団体すみれの会を立ち上げた。これはみなさんの寄付により活動するサイトである。
そのすみれの会のバックアップとして,余命は印税収入1000万円を予定している。

すみれの会の保守系裁判支援という目的は大変アバウトであるが、これは、いただく寄付金の額によって決まる。
裁判の支援は原告の場合も、被告の場合も審査は同じ。また保守という言葉の定義も曖昧なので、日本人を貶めるものであれば、外患罪でもしばき隊のような告発でもすべて対象となる。
また、日弁連弁護士が使えないので、朝日関係の訴訟は外国人弁護士による米国での訴訟となる。青天井の訴訟となる予定である。在日特権の数々は、日本の 司法行政ではなく、米国による、「日本の韓国優遇、米国人との人種差別」という訴訟で解決を図ることになる。これらの訴訟は負けがない。原告はネットで募 集すればいくらでもいる。もともと集団訴訟原告募集とは日弁連の手法である。
「裁判の原告になるメールを送れば、あとは何もしないで100万円ゲット」なんてメール広告なら誰でも飛びつくよな。

(以上、引用)

1年前なら飛びつく人は居ただろう。

今飛びつくのは、よほどの情報弱者だろう。

  • 「すみれの会」が桜井のものになったことを少なくとも4ヶ月、黙って居た。
  • 収支報告は未だ無い。規約に従うと言いつつ規約の公開はない。
  • 靖国に奉納するはずのCDは、未だ放置のままだ。
  • 告発は6回やって、全部、「門前払い」
  • 弁護士会にも2回やって、一度はまともに取り合った弁護士会が二度目は「いい加減にしろ!」と異例の門前払い。

この状態で、「裁判の原告になるメールを送れば、あとは何もしないで100万円ゲット」なんてメール広告は、詐欺広告に当たらないだろうか? まず弁護士に相談してからにされるよう、ご忠告申し上げたい。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります