1921. バニーガールななこ

もともと女を売り物にする人だとは感じていましたが、追い詰められれば、ここまで媚を売れるのかと、感心しました。これが女性というものならば、私は「中性」でしか無いのかもしれない。とても、こんなコメントを入れていた人と同一人物とは思えない。

余命1908記事 (2017/9/22) ななこ
ささきバニ郎弁護士、お仕事たのしそうですねー。
あのようなウサ耳白タイツのダンスを世界中に公開できる
心臓にはふさふさに毛が生えたうさちゃんのしっぽでもついているのでしょうか?
自己愛相当強そうですから、万が一バニ郎フィギュアを作ったと言われても驚きません。

今日の2078記事への投稿文から幾つかの点が読み取れる。
1、ななこさんは自分では懲戒請求を出していない。出しているならば、自分は取り下げると書く所「私からいろいろなルートを通じて懲戒請求を取り下げるように、余命様に頑張ってお願いしてみます。」となっている。余命自身も懲戒請求を出していないのにね。ここは「1000人の皆様にお願いしてみます」と書くべき所だ。
2、 ななこさんは余命チームに対して、相当の影響力があると自負している。
3、余命チームは情報開示請求をしていないか、しても通らなかった。もし、通るのであれば「せめて、どこの誰につかまってしまったのか、開示請求をされて悪魔の提唱者氏の素性をはっきりさせた方がよろしいのではないでしょうか?」と、敵に頭を下げる必要はない。
4、そろそろ「懲戒請求に対する反撃」が出てくるようだね「これについてはできるだけ早くきちんとした対応をされないとまずいことになると思います。」焦りが感じられる。

以下、ななこさんが間違っている点を指摘しておく。

1, 真摯に労働問題に取り組んできた弁護士さんを「バニ郎」などと揶揄したのは、ななこさんだが、彼女は媚をうるためならバニーガールの格好も厭わないだろう。
2, うっかりリツイートを「がっちりタッグ」と称したのは、ななこさんだ。その結果、彼は私と「共謀罪」で告発もされている。懲戒請求の取り下げだけでは済まない事態となっている。
3. 第五次の懲戒請求は、すでに決着している。今更取り下げはできない。
4, 佐々木氏の事務所の住所は、HPにもあるし、第5次のPDFにも書いてある。だれの手も借りる必要はない、ななこさんが自分でお手紙を出せばよかろう、それをしないというのは、トコトン他人を利用しようという余命チームの不動のセンターにふさわしい.
5. 佐々木弁護士と私は格が違うどころか、縁もゆかりもない。「どなたかこのご提案を佐々木亮弁護士にお伝え頂けないでしょうか?」これで内部分裂あるいは、佐々木氏の仲間の「洗いだし」を意図しているのだとしたら、読みが浅い。

余命2078記事(2017/12/2) ななこ
佐々木亮弁護士は、今回ミサイルが飛んだのにお気づきでなかったことを、平和ボケと謝罪されました。これまで、労働問題にまじめに取り組んでこられた弁護士さんの誠実さが表れたツイートと感じました。
とてもとても「落とし前をつけてもらう」などと発言される方とは思えませんでした。誰にも売り言葉と買い言葉、エスカレーションと呼ばれる状況に陥ることはありうると思います。
佐々木弁護士は、きっとうっかりして悪魔の提唱者氏の発言をリツイートしてしまったのだと思います。悪魔の提唱者氏のブログは読んでいらっしゃらないのではないでしょうか。余命ストーカーと呼ぶのがふさわしいような、難癖をつけるだけのブログです。余命プロジェクトをあのような形で否定することは、日本再生をされては困るといっているに等しいと思われます。
佐々木弁護士とは、あまりにも格が違いすぎます。結果的に一括りになってしまいましたが、組んでいる人が悪すぎます。悪魔の提唱者氏はどこの誰だかわかっていません。格違いの方に引きずられて、本当にそれでよいのでしょうか。せめて、どこの誰につかまってしまったのか、開示請求をされて悪魔の提唱者氏の素性をはっきりさせた方がよろしいのではないでしょうか?
余命様は鬼ではないので、佐々木先生の状況を理解されていると思います。余命ブログの日本再生を妨害する悪魔の提唱者氏がどこの誰だかはっきりさせられたら、私からいろいろなルートを通じて懲戒請求を取り下げるように、余命様に頑張ってお願いしてみます。
これについてはできるだけ早くきちんとした対応をされないとまずいことになると思います。もし、佐々木弁護士が余命ブログを読んでいらしたら是非ご一考のほどよろしくお願い申し上げます。
ブログを見ていないようであれば、どなたかこのご提案を佐々木亮弁護士にお伝え頂けないでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

余命1904記事(2017/9/19)

ななこ
佐々木亮弁護士と悪魔の提唱者氏ががっちりタッグを組みました。
佐々木氏は悪魔氏を連続リツイート、ブラック界隈の弁護士も参戦してきています。
小倉秀夫弁護士などは住所氏名を秘匿する合理性がないとツイートしています。
弁護士の実態は酷いものですね。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります