1651. 勝って兜の

緒を絞めよ。

自民・公明で安定多数を取った。これで、あれが出来ない、これが出来ないの言い訳が出来なくなった。一方で、当選させた側の国民の監視の目が問われるようになった。

これまでは敵失に助けられてきた。今後は自民の政策そのものの是非が問われる。

私は改憲派だが、財政規律条項と高等教育無償化は憲法マターではないと思う。

できれば、9条は加憲ではなく、2項の削除が理想だ。ここからが国民の声の正念場だ。やっと議論が出来るようになったのだから。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります