1635. 蛇と狐

1587のコメントを貰ってから、ずっとひっかかっていることがある。

やっぱり、天葉さんは誰かに釣られている気がします。
俺の意見は絶対に正しい、全ての神様の総意である、だから俺に従え、とでも言われてるのかな?

私へではなく天葉さんへの言葉なんだけどさ。

この界隈には、神様バトルをさせたい人が多すぎるってこと。大和心さんちの場合はザイニッチーVS皇軍の意識を反映しているんだろう。琵琶鯉さん芦屋十庵さんも光の書信者のようだ。積先生に従った証に、命の書に名前を記す。じゃ毎月1万円な。とか言われてるのに、マネー支配からの脱却だとか、ベーシックインカムだの、ビットコイン信仰って、言っていることとやっていることが逆じゃなかろうか?

http://www.godbrain.com/gb/shinlogy/magazine_2/page/5/

積先生:「シンロジカルフードは、同じ材料でも、『聖別』されているが故に、高くなりますね。その差額を売る側が信じているかどうか、です。
売る側が信じていれば、お客様も納得してくれます。

HPを少し読んだけど、マネーに支配される側からマネーを支配する側になりたい人と、その肥やしたちという感想です。

あーあれも同じだね、DD草のホメオパチー 信じるものは救われるパターン

かつてのPOJは萬蔵稲荷 その後継の杜人の会は神使

人間のバトルを神様に代理戦争をさせている感じ。

これをやりはじめると、より力の強い神様を引き当てるためにガチャ=人身御供を捧げるとか、やりかねない恐さを感じる。HMサンが「神上がり」に近い状態になったのは、その代償のため? 触らぬ神に祟り無し つるかめつるかめ

日本の神様は自然そのもの。自然の恵みを受けて生きている人間の営みは、自然の脅威の前には、ちっぽけなものでしかない。「正しい努力が実る世」を実現するには、まず、大地震大災害のない世であらねばならない、だから、鎮まり給えと安寧を祈るのが天皇の役割。感謝を捧げるのが庶民の祈り。

誰かのために闘ってくれるなんてことはないように思うんだがなぁ。

かといって、真太郎さんが言うように天皇を拝めば死後に神になれるなんてことも、ないと思う。それは畏れ多い。

極楽浄土に行きたければ、死後神の修業を始めたければ、日々天皇陛下に心を向けるべし。

極楽浄土に行くには、もっと簡単な方法がある。浄土宗の教えでは、

ただ往生極楽のためには、南無阿弥陀仏と申して、
うたがいなく往生するぞと思い取りて申す外には別の仔細候らわず

と超お手軽です。私はこっちでいい。

天葉さんがどこでどんな矛盾を言い出すかは、判らない。いつまで「聞いてみた」シリーズに答えてくれるかも判りません。(たいていのカルトの勧誘は私の「知りたい病」に恐れをなして最後は逃げていく)とりあえず今は興味しんしん。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります