1587+. 一人の名無しさん2

1581に返信ありました。長文になりましたので、稿を分けました。

(以下、コピペします。色塗りは私がしました)

天葉についてのコメントを、送ろうかどうか迷っていましたが、せっかくですので送ります。
掲載についてはおまかせします。あの人と話は全く噛み合わないと思うので、これ以上悪魔様のブログで議論するつもりはありません。

ーー

>天界(神界)も現界にも「不偏の宇宙のコトワリ」があるということを知っていただくと投稿者様の「天意」に対する考えも変化されるのではないかと思います。

そのコトワリは現界の物理法則みたく普遍的なものなのか、それとも社会常識みたいな限定的なものなのか、どちらでしょうねえ。後者だと思いますよ。

現界の日本でも、各国民の意見は大きく違えどもの「総意」というものは存在し(有権者による選挙で通った国会議員による国会の議決は国民の総意と言える)、日本自体はある一つの方向に向かっていくのは事実。日本に絡んでいる神様の「総意」はあるけど(事実、古事記の記述に寄ると神様は合議制です)、関連する全ての神様ががそれに完全に納得しているとは思えないんですよね。「総意」以外のことをやってはいけないとか、おかしいですよ。疑いを持ったら即、下級霊が確定する、とでも?

「宇宙の理=真理」といいますが、私は普遍的なコトワリについて興味がありますが、世界の一部だけにしか通用しないローカルルールは社会規範と言うことは出来ても、これは絶対に曲げられない真理といいませんよ。

やっぱり、天葉さんは誰かに釣られている気がします。
俺の意見は絶対に正しい、全ての神様の総意である、だから俺に従え、とでも言われてるのかな?
そんなわけ、ありませんよ。

独裁主義者の神様(主流派の総意に納得していないのはほぼ確実でしょう)が余命関係者を動かしてるのかな、とさえ思います。
俺は偉い、俺を崇めろ、俺に従え、みたいな思想のが紛れてるとしか思えません。
反主流派の神様が現状のリセットを求めている天意が、人間による強硬なハードランディングを実現させるべしとの主張に反映されているように見えます。

(以上)

返信ありがとうございました。

天葉さんが何ものなのか、私にもよく分かりません。前にも書いたと思うのですが、私はその手のものを感じる力は全くないし、神道を系統的に勉強した神主や巫女の資格を持つわけでもないので。

天葉さんについては、読者さん各位でご判断されればいいと思います。

当ブログは、いただいた意見の中で単なる賛同や励ましの意見は私信として非公開にしております。むしろ、議論の種になるような点や異論のほうを積極的に掲載しております。ただ、必ず、私個人はどう考えるかを述べるようにしております。

私個人の感覚としては、大和心さんのところで語られていた一二三の神様のハルマゲドン思想に抱いた違和感のようなものは、これまでの天葉さんの言葉からは感じないです。私の実家は祖父が生きていた時には地元の神社の氏子総代をしていて、子供のころに祖父母から伝え聞いた神話や道徳(社会規範)のレベルと、そんなにズレはないように思います。

むしろ、無神論者のはずの余命が神を僭称する余命神社のほうが、よほど一般に通用しないローカルルールに思えてなりません。社会規範からも外れていると思います。

最後の茶色に塗ったところは、名無しさんに同意です。ただし、それを「天意」と呼んでいいのか、「我欲」「邪念」と呼ぶべきなのかは、別です。反主流派の神の意志が、そこに本当にあるのか?それは人間=余命が作り出したものではないのか?

そこは私には分かりません。神様を感知できる人ではないので。

でも、あのグダグダっぷり。神様の意志が乗っているようには思えませんって言ったら、祟られますかね・・・

(2017/10/16)

反主流派の神の意志@Kaminoishiである可能性は検討の余地ありかと。

(匿名希望さんからコメントいただきました)

おはようございます。
私には神意だとか神主だとか巫女だとかと言う話は一切わかりません。
その上で今の余命のグダグダっぷりというのは典型的な自己愛性人格障害の破滅パターンでしかないと思います。
まず、第一に今更自分のやってきたことが悪だとは100パーセント認められません。自分では薄々わかっていてもそれを認めたら自分の全てを否定するぐらい辛いことだから。
そして、周りの助言は聞き入れません。まず間違いなく。
ブログで言っていた余命に反論即敵認定は文字上だけのことではないでしょう。質が落ちるのも当然というか何というかイエスマンしかいない状況です、まず間違いなく。
助言をした敵は倫理的な物を無視して徹底的に排除しそのイケイケな部分でカリスマ的な物を感じた人が残っている状況と言えるでしょう。
そしてその状況を見ていた人は恐らく口を出したら何をされるかわからないというのを目の当たりにしてると思われるので何もできないでしょう。黙って離れるという選択肢も相応の金を持っているなら危なくてできないかもしれません。
ここまで来ると本当に哀れで真面目に精神科医とかカウンセラー等を紹介しないとまずい状況ではないかと思います。ここで言っても仕方ないことではありますが。

在日・反日・反対を言った人たちをボロクソにこき下ろさなければ自分が保てず、それどころかそのことに快感を感じてエスカレートしかしないでしょう。
そして、神だ何だというのは自分の妄想の垂れ流しでそれこそ空想が好きな人が面白いと思うままに言ってるだけで他の人からしたらただの狂人の戯言でしかないので、真面目くさってあれはなんだこれはなんだとやっても時間の無駄にしかならないと思いますよ。

(以上)

コメントありがとうございました。ボーダーの可能性は前にもご指摘いただきました。

言っても無駄だろうというご指摘は他の方からも、いただきました。

(以下、コピペ)

今でも余命にコメントを寄せる人は自分のやっていることを正義と信じて疑わないか、引き返せないか、面白半分に煽っているかのどれかが主流だと思います。
初代の頃の集客力がないのはアンケートの投票数を見ても明白です。(今4600件程度。)
懲戒請求で弁護士会が「ごめんなさい、私たちが間違っていました(棒読み)」みたいなことをすれば増えるかもしれませんが、多分ないでしょう。

(以上)

私は無駄なことをしているんだろうという点、まったくその通りかと思いますが、まぁ、乗りかかった船で、私も今更、引くに引けないって感じです。外患誘致罪告発なんてものに入れられているので、黙っているとしょっぴかれたかと言う人が出るのも、癪に触るので、生存発信という意味が大きいです。

ただ、外国へ行って仕事をすればするほど、宗教観というのを語る必要が出てきます。最初は仕事の話しかしないのですが、ヨーロッパなんかで2時間3時間のディナー(前後にカクテルアワーと、葉巻タイムがついているともっと長い)を繰り返すようになると、政治の話も宗教の話も出てくるんです。(アメリカだと野球とフットボールなのですが)フランスとイタリアの場合、日本人だと分かっているとイスラム教抜きで話しができるので、キリスト教の中の細かい宗派による聖書の解釈の違いだとか。マニアックな人だと日本史(特に戦国時代)の細かいところを聞いて来られたり。

人が生きていく上で無宗教では居られないし、無神論者は偏見の目で見られる。だから、仏教と神道について、語れないと人として信用してもらえないって判って、宗教について話しをすることを変だともオカルトチックだとも思えないのです。

そして、今、私が考えるのは、正しい?神道って何だろうということ。

このブログは私のメモみたいなものです。もし、自分には関係ない話題だと思ったら、スルーして下さい。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります