1544+. 台所事情

1541記事にコメント頂きました、以下コピペします。

先日の有田、桜井の裁判はすみれの会の一号案件でしたよね。
すみれの会の5号案件は青林堂でこちらはどうなったのでしょう。
9/2にパヨクの方が「青林堂から50万円ゲット」 というツイートをしたのが余命ブログに掲載されてましたがその件でしょうか。

そして、寄付金の事ですが
7/25寄付金メッセージ79掲載以降8/ 21に靖国奉納プロジェクトのお知らせがあり、
その後、今まで寄付金についての記事は出されていません。

かなり経済的に逼迫しているために
新たな寄付集めは早急に開始され、 成功させたいところだと思います。
内部からは不満が出始め、内輪もめ寸前なのかもしれないですね。

(以上)

コメントありがとうございました。9/2の余命記事は

1874 .....ツイッターで野間が「青林堂から50万円ゲット」 なんて話をしているが、 その代理人弁護士が神原元にリツイートが有田芳生とくれば、 7月16日川崎デモの告発メンバーである。 とんでもないブーメランになりそうだが大丈夫かね。 共謀罪と外患誘致罪だぜ。

ですね。

桜井vs有田訴訟は控訴するとなると、また印紙代やら弁護士費用やらがかかりますね。

  • すみれの会、がんばれ

青林堂訴訟のほうは、どうなったのかは知りません。

1601 (2017/4/4)・・・・・なお、この青林堂事案は第五次告発ではTBSを筆頭に関係者個人への刑事告発が2000人告発となる。「青林堂への要求が2300万円vsこちらの告発が外患誘致罪死刑」まあそこそこのハンデ戦だ。おたいがいにがんばろう!!

  • 日本再生大和会、がんばれ

余命さんは寄付金メッセージについては、

1915 (2017/9/24) 美しい国日本(HN)
このコメント欄でも良いのか分かりませんが、初めてご寄付をさせていただいた者です。
8月25日に高知東郵便局より一万円入金致しました。
その際に1100大和会振込専用ファイルと1093寄付金メッセージ46
両方に必要事項をコメント致しましたがどちらも承認待ちで一ヶ月近く経ちました。このままで良いのか、認識されてないのかよく分からなくて再度コメントさせていただきました。以下コメント内容です。お忙しく大変な時に誠に申し訳有りませんが確認の程宜しく
お願い申し上げます。季節の変わり目お身体ご自愛下さいませ。

.....かなり体調を崩しているので、万が一を考えて、現在靖国神社ご芳名奉納の準備を開始した。また、余命4代目の選定も始めている。
第六次告発で忙殺の中、大和会の協力で、事務員1人がかかりっきりで、ご芳名ファイルの整理をしており、明日完了との連絡を受けている。現在、ファイルを凍結して作業しているので認証が遅れているのはそういうわけである。現在、出先で28日に東京に帰るので、それからの作業となる。誠に申し訳ない。

と述べられているので、そのうち怒濤の寄付金メッセージがUpされることでしょう。

  • 事務員さん、がんばれ

そして、9月末日で締め切られた靖国アンケートの結果は、どうでもいいのだが、ちゃんと芳名帳が靖国神社に奉納されたという証拠は必要だと思う。

「すみれの会」がんばった

裁判支援のご報告(8)
NEW!2017年10月14日(土)

テーマ: ブログ
下記の団体に対しまして、以下の通り支援を行いましたので
ご報告致します。

支援日
平成29年10月13日

支援先
行動する保守運動

裁判内容
有田芳生による桜井誠氏への名誉棄損裁判
控訴審

支援内容
上記にかかる弁護士費用として

(コメントいただきました)

 

先日の地裁判決は桜井誠側の完敗と認識しています。
http://www.mklo.org/archives/870

一連の判決を見ると、桜井誠は実は有田芳生らと通じて理念法であるヘイトスピーチ解消法を
より強固に適用させていこうとしているのではないかと疑います。
すみれの会は左翼・半島への資金援助のための隠れ蓑ですね。。。

(以上)

やはり、桜井はプロレスしてますよね。
警察に守られて、ヘイトスピーチ=デモ。
今後は、選挙演説に活路を見いだすのかと思ったら
衆議院選挙には出ないんだから、
もう存在意義はないように思います。
(コメント追記します)

 

日本第一党は国政ではなく1年半後の統一地方選挙に出て足場を固めると言っていますが、
今回の選挙、民主系の不祥事やらかしまくりの議員がいる東京の選挙区で自民・公明が弱いところ狙って出馬すれば、桜井誠なら勝てたんじゃないかと思うんですよね。
日本第一党の名前を周知するためには、選挙に出て名前を覚えてもらわなければ話になりません。
未だにマスメディアの影響力が強いことからも、ネット検索しない世代は日本第一党なんてほとんど覚えていないと思います。
そして、その世代は数が多く投票率も高いので選挙結果に1番影響力がある。
地下に潜って?勢力を広げ、全国で一気に候補者を擁立した幸福実現党がどうなったか覚えていないんでしょうか。
あの頃の幸福実現党の方が今の日本第一党よりも知名度あったと思います。
それでも国政では1議席も取れていない。

別に政党に限りませんが、将来性があるかどうか分からない全く新しい分野に打って出るのであれば、最初の勢いが最もある時に例え小さくても誰もが分かる成果を上げていかないと人は徐々に離れていきますし、支援も先細りします。
特に日本第一党に期待されていることは移民反対、今の自民党よりも右寄りの政策でしょうし、国政で訴えるべき内容です。
問題は掲げる理念はともかく経済政策その他にダメダメ感がありますし、実現性は未知数(多分口先番長)。
現在特に何ら成果を上げているように見えない(支持も少ない)のに党費だけは自民党よりも高くなっている。
これでは存在意義も何もあったものではないでしょう。

(以上)