1496. アフガン増派

答えは簡単:北朝鮮より中東のほうが大切だからだ。限られた予算は大切なところに重点的に割り振るものだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170901-00052746-gendaibiz-int&p=3

北朝鮮問題の真っ只中で、なぜトランプはアフガン増派を決めたのか

トランプ米大統領が8月21日、アフガニスタンへの増兵を決めた。現在アフガニスタンには8000人の米兵が駐留しているが、おそらくその半数にあたる4000人程度を増派する予定らしい。

(中略)

8月上旬、ドイツ政府はようやくアフガニスタン難民の母国送還を一時停止すると発表した。ただし、犯罪者と危険人物などに限っては、これまで通り送り返す方針だという(アフガニスタン政府としては、一番戻ってきてほしくない人たちだ)。

(中略)

いずれにしても、米軍の増兵もあり、アフガニスタン問題はさらに加熱する可能性が高い。また、アフガニスタンの地政上の重要度は今も変わらないし、一方、アフガニスタン情勢は、アメリカをはじめ、NATOの国々が、今後、北朝鮮問題にどう対処するかということを見極めるための指針にもなるかもしれない。

(以上)

逆も真なりで、NATOがどう思うかを考えると、米韓軍事同盟が形骸化しても残っている間は、韓国を生贄にすることが出来ないジレンマがある。

文政権が、もう少し、バカだったら良かったけどね。いまや、なりふり構わず抱きつき作戦だからねえ。このまま戦争に突入するとKの法則が発動する。それはアメリカも嫌だろう。

おかげで徴用工賠償問題が一時、棚上げになって、一息つけたけど。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります