1465+. 仕切り直し

再投稿の予定だそうです。

私は、そもそも、最初から「外患罪」は使えない派なので、そこには突っ込んでいません。これ、外患罪じゃないの>余命さんってのは、ただの嫌味です。

その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた者

軍事に限定した条文ですからね。

1462記事で言いたかったのは、「北方領土の帰属は日本です」と日本人が主張しなくて、どうするのという点です。ロシアの回し者ですか?

再投稿の次回作で織り込んで頂きたいのは、竹島上陸演習があったという証拠です。

竹島周辺の海域ではなく、です。演習の予定ではなく、本当にあった事実です。

竹島上陸演習については、日本の外務省の公式見解では、あったという認識はないはずです。あるのは、韓国あるいは中国のプロパガンダ記事だけ。

  • 1258. 有事はいつから?2を読む
  • 935. 例年どおりの規模を読む
  • 591. 勇者、NG氏に逃げられるを読む
  • 552. お見事2を読む
  • 542. お見事を読む
  • 248. 時効論議の前提を読む
  • 187. 有事はいつから?を読む
  • 146. だぁみだ、こりゃを読む
  • 69. 果報は寝て待てを読む

頼むから、余命ブログに書いてあったから、100%正しいなんて、言わないで下さいね。

(2017/9/1, 追記)

訂正版
北方領土問題で引き合いに出されることのある竹島問題との違いは、帰属国家の既決・未決です。北方領土は帰属国家が未決であるのに対して、竹島はサンフランシスコ講和条約で日本に帰属することが決まっています。
従って、北方領土で露軍(旧ソ連軍)が軍事演習することは、帰属未定の地を軍事的に占領している証になります。対して、竹島で韓国軍が軍事演習することは、日本の領土を軍事的に占領している証になります。

竹島に関する記述は、再投稿バージョンからは一切消えています。

どうやら、竹島上陸作戦が実行された証拠が見つからないようですね。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります