1444. 仮説の提供者3

コメントいただきました。以下、コピペします。

(引用などの修飾は見やすいように私が施しました。私のコメントは最後に追記しております)

先日投稿したコメントのいずれかが、思わぬところで反響があった ようで、こちら以外でも話題提供となった事に幾らか驚いています 。
悪魔さんによるT.K.さんの検証が進みすぎていて、私の出る幕 がありません(笑)。

さて、先日の投稿において、一箇所訂正と補足を入れさせて頂きた くお願い致します。
私の文章の締め方が中途半端になっていた為に、余命ブログのコメ ント投稿者に誤解が生じるのではないかという懸念を持ちました。

「表向きの伏見ブログVS余命ブログの原因は、余命ブログの20 16年3月1日「479 シャープ買収+小泉元首相」と思います。」

このブログコメントで伏見ブログを紹介した方は、その当時は「伏 見ブログ」が皇室記事に難はあれど、いい事も書いているとの判断 で、コメントを投稿したのだと本人も後日改めて余命ブログへコメ ントを寄せています。
私はこの方は何の他意も無くURLを貼ったのだと思っています。

以下にご本人より投稿され、後日掲載されたコメントを上げておき ます。

「2016年3月4日 10:09 AM
日本大好き
いつも余命様のサイトをかかさず拝見しております。
先日小泉元首相、竹中平蔵氏が如何に日本をだめにしたか、その背 景の参考になるのではないかと、リンクを載せましたが、
参考リンクがとんでもないサイトであると、余命様を支持している サイトから非難を受け、余命様に敵対する勢力の巧妙な誘導だと書 かれました。
当方、純粋に伝統ある日本の風土、風習、民族性が好きで、それを 破壊する小泉元首相の背景を考えて
参考にとリンクを貼ったので、他に他意はございませんでした。
指摘されたブログでは、天皇家の一部に対する中傷があるのは存じ ておりました
「伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」」や「BBの覚醒記 録」など一部の天皇家に対する非難中傷があり、言い過ぎではない かという思いもありますが、真実がどこにあるのか判断しようが無 く、あまりに軽率に、反日が攪乱するためのなりすまし保守だと
決めつけるのははばかられましたので、参考にできるところは引用 させていただいても差し支えないのではと思って引用いたしました 。
日本を取り戻すためには、お互い非難しあうのは、在日、反日の思 うつぼで得策ではないと思います。
保守の方々が、小異を捨てて、大同につく見地から行動していただ くことを願っております。
余命様ならびに日本を取り戻そうと奮闘されている方々の、今後の 益々のご検討を願い、これからもささやかでも協力してゆきたいと 思っております。」
以上

 

そして、ひとつ言わせて頂きたい事がありまして、

>偽装保守サイトの『余命三年時事日記考』が半狂乱になって豆腐 おかか氏(『待ち望むもの』、Web保守の信用できるサイトで現 在は一次活動を完了している)
を中傷してたけど

>・・・怖いでしょうね~(笑) 裏で必死に手を回してるんだろうなぁ。
青い顔して作戦会議してる 姿が浮かんでしまう。。。

 

私は豆腐おかかさんを「中傷」などしておりません。
検証するにおいて、外せない存在の方である為に、取り上げさせて頂いて いるだけです。
理由もきちんと述べましたし、その事も掲載されております。
それに豆腐おかかさんは、そのHNにて現在もネット内でお元気そ うに活動されてるのは確認済みです。
こちらのブログ主様もそうだと思いますが、至って冷静、 半狂乱になってもおりませんし、 青くもなってないですのでどうぞご安心下さいませ。
又、

「偽装保守サイトの『余命三年時事日記考』」「裏で必死に手 を回してるんだろうなぁ。」

につきまして、
いつまで「反余命」や「疑問を持つ者」に対して、「偽装保守」 だの「反日」だのと思い込み決め付けるのでしょう。
その短絡的な考えは改められないものなのでしょうか。
悪魔さんは愛国心あるしっかりとした保守の思想をお持ちですし、 こちらのブログに集いコメント寄せる方々も、 それぞれがきちんとした考えをお持ちの保守だと思います。
中には、ブログを読み込んでもブログ主の事を、 HM氏だのH氏だのと言う方もいらっしゃいますが、しっかり『 余命三年時事日記考』を読み込んでから判断して頂きたいものです 。

あと、もう一点補足させて頂きたいことがあります。
前回のT.K.さんへの疑問というところで、「T.K.さん=H 氏の可能性もある」と書いておりますが、「四季の移ろい氏の投稿についての論考2017年05月31日」 において、T.K.さんはやや興奮気味に記事を上げておられるの ではないかと感じた時の事です。
余命さんのブログで掲載された自身のコメントが削除されてのこと か、「照千一隅」にコメントを寄せた方の文章が癇に障ったのかは 分かりませんが、興奮された(?)T.K. さんは文中でうっかり、氏の実名を上げてしまいました。
その後、「2017/05/31 一部、実名を伏せ字にしていませんでした。お詫び申し上げます。 」と追記されていました。
もしT.K.さんがH氏だったとしたら、自分の事を蔑む事を書く 時に興奮してフルネームを書くという事は考えられません。
それが出来たとしたら余程の「役者」です。
よって、私もT.K.さんはH氏ではないと判断しております。
嫌な方と可能性といえども、「=」とされてかなりご不満に思われ たかもしれません。
その点については、「すみません」と謝っておきます。

(以上)

コメントありがとうございました。

まず、中程の信濃さんブログにおける楚練さんの発言ですが、私(悪魔)のことを指しているんだと思いますよ。ブログへの批判は投稿者さんではなくブログ主への批判と捉えるものです。楚練さんは、「仮説の提供者」さんと私「悪魔の提唱」の見分けすらついていない可能性も十分に考えられます。

それから、楚練さんは、まぁ辛い人生を送られているようなので、仕方が無いことだと思って許してあげて下さい。子供をあやすように相手をしている信濃さんも、それなりに苦労しているんだろうと察します。楚練さんのような脊髄反射的な発言をする人が居るから右側の活動にも広がりが無いことを、信濃さんこそ、心を痛めているのだと思いますからね。

納豆炒飯と青いパラシュート(保守左派/楚練のブログ) ※過激な部分は暖かい目で

「日本大好き」さん、および、T.K.さんの記事についての検証については、全く異論はありません。日本大好きさんがコメントを入れた2016-02-29 21:39:40では伏見ブログは皇太子批判はしていても余命批判はしていないことが、ここからも読み取れます。

伏見魚拓アーカイブはこちら

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p16.html

最後、

いやはや、私こそがT.K.さんにもっとも粘着な人間だと思っていましたが、上を行く検証をして下さって感謝します。

私は「神は細部に宿る」と思っています。このブログに投稿して下さる方も、アバウトよりは詰めを、オルタナファクトよりはエビデンスベースのファクトを重んじる方のほうが多いように思います。ブログには類が友を呼ぶの言葉通りかと。

おかげさまで、昨日のアクセス、PVともに、ここ最近では群を抜いて高かったです。

余命さんの妄想が実現しないことは、時が来れば証明されます。1年が経過し、収支報告は出す出すと余命時事日記には書いてあった期限が守られていないことから、余命が有言不実行であることは、少しでも情報を精査する能力のある人には、既に判ってしまっています。

いずれ、青い顔をするのはどちらか、判る時が来ます。既に官邸メール第三弾は黒歴史と化して誰も触れようとしません。余命様が何度も言っておられた「法相の指揮権発動」など夢のまた夢ですし、弁護士懲戒請求などは、もはや余命チームでどうともなるものではない。相手のカードになってしまっています。(このカードを出す、出さないは、実名をあげられた弁護士個人の裁量の範囲内)

ほど近いところでは、靖国にCDを奉納して常時閲覧可能が実現できるかどうかでしょう。

余命サポートブログと銘打ったブログを持っておられた方は、どこかの時点で連帯責任を問われることになりましょう。余命チームが万一トンズラー後の始末をつけるのは、サポートブログの主様たちしか居ないのです。私はそれまで余命ファンサイトとオカルトブログをしっかりと見守って参ります。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります