1413. 仮説の変遷2

T.K.さんから新しい記事が出ました。私のコメントは緑色で挿入してあります。

伏見氏とH氏との関係に関する仮説の変遷 2

2017年08月26日
■ FDSS仮説の命脈尽きる
仮説の妥当性への疑問は、「『yosh氏の正体についての考察 2016/3/14』の再検証拾遺 http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/444349212.html 」に記述したエピソードからも浮かび上がってきました。以下にそのエピソードの部分を引用します。なお、引用元にある注釈は省略しています。

引用開始——-
*真・カミカゼさん 2016年2月5日 神棚の祀り方を知らない和田政宗関係者より117 :真・カミカゼ:2016/02/05(金) 11:27:19.30 ID:bYyvxhZKTああ?wwwちょっと待てよwwwwwなんだこれ?wwwwwww
よく見たら、神棚の植物、サカキでなくてシキミ(樒)じゃないか?wwwwwww
サカキとシキミ、似ているように見えるけど、ぜんぜん違う植物だwww
葉のつき方がシキミにしか見えないが、俺の目が狂ってるのか?wwwwww
スタッフが間違えてシキミを買ってきたのか?wwwうっかりさんだなああwww…中略…シキミ(シキビということもある)は神道では全く使わないがwwwwwww
仏事ではよく使うwwwwなんたら学会のみなさんはシキミをよく使うよなwwww
増元事務所になんたら学会の工作員が混入してるのか?wwwコラ?wwww135 :以下、VIPがお送りします:2016/02/05(金) 11:47:40.29 ID:H7WC9jELoいやしくも神棚を設えておきながら樒を捧げるなんざあってはなりませぬ

コメント欄より
4 たぶん榊だと思います
小さくてわかりにくいですが、たぶん榊だと思います。

お店で売っている榊は紐で縛って整えられているので、それと形状が違って見えますが、産直市で売っているものか、自宅の榊を切って備えてあるのだと思います。

シキミとサカキを間違われたようです!!
h ttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/1575424.html

>>質問者様がおっしゃるように、サカキにはひと枝を取って見た感じ裏表があります。葉は平たくて細長い印象で、左・右と順序良く葉が並んでいます。

>>対してシキミは、枝を囲むように葉がついていて、裏表がないように感じます。また、葉も順序良くは出ていないと思います。さらに葉の形もサカキに比べて丸い感じです。

上記に書いてあるとおり、樒は葉がえだの周りをぐるりと取り囲んでいます。

↓こちらには
違いがよくわかる写真も載っています。

榊としきびの違い・・・
h ttp://blog.livedoor.jp/ponta_kity/archives/495460.html

ひなぎく

2016-03-23 11:03:20

5 Re:たぶん榊だと思います
>ひなぎくさん
実際に榊だったとしたら、当方の判断ミスです。
ただ、質問を受けた時に和田事務所が無視した、このことが混乱を招いたことも事実です。
秘 書の家で植えている真榊を使用している、とか、近くのXXスーパーで毎回間違えずに買っているの、とか、このような簡潔な回答でいいので返していただけれ ば、それで済んだ話です。当方が勘違いしたことを謝罪して、この話はおしまいです。ただ、質問に返答頂けなかった以上、勘違いで叩かれても文句言えないと 思います。

ournamekamikaze

2016-03-23 18:55:37
——-引用終わり

詳 しくは、元記事をご覧いただきたいのですが、これは、真・××××がある選挙立候補者の事務所の、神棚の祀り方に難癖をつけていたときのエピソードです。 真・××××は、神棚にお供えしてあるのが榊ではなく、樒であるとして、神棚の祀り方も知らないと非難しているわけですが、 ournamekamikazeブログの読者さんから、真・××××が樒といっているのは、榊だと指摘がありました。それに対する真・××××の対応が、 H氏の素に戻ってしまっています。

これを見て、H氏は、事実を突きつけられようが、矛盾していようが、語るに落ちようがお構いなく、あく までも他者を攻撃し続け、ほとんど道化のようになっている伏見氏の人格にはなりきれないと思いました。つまり、「高速冷房さんの『伏見さんプロフロファイ リング』」の中で引用した伏見氏の文章を書いているのは、H氏ではないことになります。

これは、高速冷房さんのプロファイリングのうち、以下のものをFDSS仮説が説明できていないことを示していると思われます。

高速冷房さんの「伏見さんプロファイリング」より
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/441815959.html

・余命を叩く為ならなんでも妄想
余命潰しの為なら、創作文章を作る。・ 自分を大きくみせたい。学歴コンプレックスを補う為に、いかに自分が大きくて博識である人物か装う必要がある。その為に彼が使っている手段が「嘘」。しか し「嘘」を「嘘」で上書きしているので、とうに本人のキャパを越えてしまっている。それでも「嘘」はやめない。(高いプライドの性でやめられない。)・私の指摘で、また反応してしまう。
そしてそれを否定する為に新たな「嘘」の上書き。

これらは、プロパガンディストとしての伏見氏のキャラクターの主要部分といってもいいものであり、これらを説明できないということは、FDSS仮説の命脈が尽きたと思わせるものでした。

>>>> ということを、過去のT.K.さんは記事にしているでしょうか?

ここにある「伏見氏を構成する要素としてMH氏とH氏が含まれている可能性がある」という推測は、伏見氏の中の人が複数であり、H氏、MH氏以外の人物が彼らとともに伏見氏を構成していることを示していますが、それは、それまでの「伏見氏=H氏」という仮説からは変化しているものです。この仮説の変化については、当時、まだ考えがまとまっていなかったこともあり、詳しくは述べませんでした。

ではないでしょうか?

 

■ それでも伏見氏はH氏である
しかしながら、どうしてもH氏が伏見氏でなければ、説明のつかないことがあるのではないか、ということで書いたのが、以下にお示しする「信濃さんの元へ来た脅迫状」シリーズです。

信濃さんの元へ来た脅迫状 1
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/446766853.html

信濃さんの元へ来た脅迫状 2
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/446921340.html

信濃さんの元へ来た脅迫状 3
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/447084508.html

信濃さんの元へ来た脅迫状 4
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/447295107.html

『待ち望むもの』BBS掲示板より
http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/446744947.html

こ れらの記事は、2016年3月の末頃から豆腐おかかさんのブログ『待ち望むもの』に出没するようになった、「ホラミ」という荒らしについて書いています。 ホラミは最初、伏見氏を嘲笑、愚弄するような書き込みをコメント欄にしていましたが、次第に意味不明の不気味な、暗号のような投稿をするようになり、豆腐 おかかさんが彼を書き込み禁止にすると、信濃さんのブログ『神州再生を願うブログ』に脅迫文を投稿し、そのまま4月末頃、姿を消しました。詳細は、元記事 を読んでください。

不思議なのは、『待ち望むもの』を見ているはずの伏見氏が、ホラミにどんなに嘲笑、愚弄されても沈黙していたことで す。それを説明するには、伏見氏=H氏という仮説を立てるのが、一番合理的(最小の仮定で済む、つまり、オッカムの剃刀の原理にかなうこと)なのではない かというのが、これらの記事で主張されていることです。

これにより、FDSS仮説は放棄しないこととしました。ただ、Suica割氏と 真・××××は、最早、姿を見せないので、「伏見氏=ダヤン氏=H氏(FDH仮説)」と名前を改めるべきかもしれません。FDH仮説は、「ダヤン氏の記事 「石原慎太郎は朝鮮人である」を巡る疑惑について http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/448457974.html 」でも、取り上げています。

■ 矛盾・葛藤の調和
こ れまでのことから、一方では伏見氏の人格とH氏の人格に不一致がみられ、同一人物とは考えられないということがあり、他方、伏見氏とH氏が同一人物だとし なければ説明の付き難いことがあるという、矛盾した対立関係が伏見氏とH氏との関係に関してあるということが、お分かりいただけたと思います。

こ の矛盾・葛藤をいかに調和させるかということで出てきたのが、伏見氏が複数の人物で構成されているという考え方です。その構成要素として考えているのは、 今のところ3人、H氏と未知の人物FK氏、それに、MH氏です。MH氏が必要な訳は、H氏とFK氏はともにプライドが高く、協調性に乏しいところがあるの で、この2人を押さえつけ、あるいは、懐柔できる人物が必要であると考えられるからです。

>>>>もしも〜し?  i藤氏の存在を忘れていませんか? 

ついでに、スポンサーDDことHHさんのことも。

■ おわりに
以 上、伏見氏とH氏との関係に関する仮説の変遷について、掻い摘んでお話しいたしました。実際には、もう少し複雑な経緯がありますが、大筋ではこれまでに述 べた通りです。ここに述べたことから、仮説は資料によって常に検証され、変化していることがお分かりいただけたと思います。現状は、新たな情報によって仮 説が肉付けされている段階にあります。今後、適切な時が来た時、再び検証記事を書くことにしたいと思います。

(以上、引用)
完全な開き直りですね。謝罪も反省もありません。
まぁ、こちらも、T.K.さんとは誰なのか、余命さんの正体のPOJ仮説を提唱していますので、同じ穴の狢どうし、お互いに検証しあうことに致しましょう。
そのことで、より真実に近づくことが出来る。アウフヘーベン!
悪魔の提唱」の狙い通りです。
存在の証明は簡単です。見つけ出してコピペすることが出来ます。
ところが、存在しないことの証明は難しいのです。悪魔の証明と呼ばれます。
今回のT.K.さんの記事で、まず2つの「悪魔の証明」の必要がありました。
1つ目は、豆腐おかか様が余命さんに2016年3月6日に取り上げられる前(コメント投稿は2016年3月5日 6:27 AM )に、ここのコメント欄は余命三年時事日記への罵詈雑言であふれかえり、管理人の伏見みずから余命を認知症老人などと中傷しています。と書いたことが真実なのかどうか、伏見氏の過去ログから探す必要に迫られました。
私が見つけた伏見ブログArchiveでは、私の目では見つけられませんでした。
1412記事に取り上げさせていただいた「目撃者」様から証言を得ることが出来ました。初コメントありがとうございました。これで自作自演だろうと言われずに済みます。
もう1つは、T.K.さんが主張する、仮説は資料によって常に検証され、変化していることがお分かりいただけたと思います。についてです。
私の目には、T.K.さんは仮説を修正してきたようには見えません。もし、F=H仮説に変遷があったら、私がHMさん呼ばわりされることはなかったと思います。今回、i藤氏の存在すら、忘れてしまっておられます。少なくとも「yosh氏の正体についての考察 2016/3/14」の再検証拾遺には仮説の修正は全く書いてありませんでした。
検証記事で、過去記事の一部を再掲載しておられますが、高速冷房さんの記事のうちで再掲載されていないところを読みますと、

以上、高速冷房さんのプロファイリングを参照させていただきながら、FDSS仮説の妥当性を試してみました。二つはいくつかの齟齬は見られるものの、本質的には矛盾しないと思われます。高速冷房さんが指摘されていることは、FDSS仮説によって解釈、説明されます

と堂々とFDSS仮説の妥当性を主張されています。石原氏の記事には、ダヤン=H氏説のみです。

私の目だけでは「悪魔の証明」は難しいのです。当事者は視野が狭くなりがちで、自分に都合の悪いことは忘れしまったり、目に入らなかったりするからです。だから第三者の目による検証が必要です。「仮説の提供者」さんあるいは「仮定の提供者」さんには、T.K.さんの過去記事の中に、T.K.さんが主張するような変遷があるのかどうか、検証をお願いできませんでしょうか?お手数をおかけします。

ほかにも自分の目で確かめてやろう、という方がおられましたら、ご協力をお願い申しあげます。

最後に、「ほらみ」については、H氏とは全く文体が異なるので別人だろうなぁ、とは思っていますが何ら証拠はありません。「ほらみ」については、しばらく放置=静観します。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

2017年08月08日 ご無沙汰しました:照千一隅

読者のみなさん、ご無沙汰しておりました。なかなか記事執筆の時間が取れず、ブログの更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。余命ブログの防御は固く、余命周辺ブログと読者のみなさんの防御の為、判断材料となる資料などは、既に当ブログに掲載したもので十分と考えており、今のところ修正の必要も感じておりません。