1273+. 弱気と強気

(コメントいただきました)以下コピペします。

大和心さんの記事も、とうとう現実的劣勢を受け入れた記事となりました。
大分弱気になってるみたい。
前の記事で自分で安倍総理を殺しちゃいましたからね・・・。
今からでも題名書き直してもらいたいです。こちとらプンプンですョ。

大和心さんも8/10頼みになってるみたいですね。

yoshさんは大和心さんとは対照的にあくまでも強気。
安倍さんは死んだフリ続行中と見ているようです。

来 月のイベントとしては、8月3日の内閣改造のメッセージ、
10日のTOC条約発効あたりですかね。内閣改造においては、甘利氏が復権するかもしれません ね。
あとは有事とかいう話になる可能性は低いんだけど、在日、反日勢力については、反撃開始となる可能性は出てきますね。
安倍首相が今回は長期で死んだフ リをしているわけですが、然るべきときまで刃を磨いてるようにしか思えないんだよね。

悪魔さんはどう見てますか?

(以上)

またまた、手強い質問が。

私は大本営発表のyoshさんよりも、弱気になっている大和心さんの危機感こそ、大切にすべきだと思っています。ねんのため言っておきますが私は今は安倍さんしかないと思っていますよ。でも、お花畑日本人ってバカにしていますが、自民党に安倍一強の弛みがあるのは事実でしょう。これまでは外交で点を稼いできたけど、北朝鮮が空母で脅しても大人しくしてくれないので、かえって外交で点が稼げなくなってきています。これからが正念場だと襟を正していく危機感が今なければおかしいです。自民党の先生方には分かって欲しいですね。麻生の乱とか、安倍下ろしやってる場合かよって。

安倍さんは死んだフリというより、当然いろいろ考えてはいると思いますが(私は安倍友じゃないから知りません。)、8月10日が過ぎたからと言って、即効性があるもんじゃないのです。甘利さん復活がどこまでカンフル剤として効くか、わからんです。

渡邊哲也氏は盛んに軍事オプションの可能性が高まったと言っておられますが、本当に半島に危機感を持つのならば、経団連とかに「投資が回収できなくても政府は知らないよ」ぐらいの耳打ちはして欲しいものです。少なくとも外務省は渡航勧告レベルの引き上げをして欲しいです。レベル1でも相当に効くと思いますけどね。現にテロがあったドイツやベルギー、フランスなど、社員を渡航禁止にしている会社も多いのです。韓国に遠慮する必要はないと思いますけどね。

新聞は「押し紙問題」テレビは「スポンサー凸」が効くと思います。

パレルモ条約発効後も総連ましてや民団を名指し適用するのはハードルが高いでしょうね、期待はしていますが、実際に振りかざした刀を振り下ろせるかどうか微妙かもしれない。アメリカ頼みのところは、トランプさんの気まぐれでどうなるか分からないリスクがあります。だから、今年の8月10日よりも2018年からの口座の名寄せのほうが効くように思います。淡々とみんな一緒に機械的にだから、差別ニダ!と騒げない。

全体の方向性としては良い方向へ向かっていると思うのですが、2018年まで、まだ間があります。今、気を抜いていてはイカンと言いたいのです。

同じことはネット右翼勢力にも言えることで、細かいところをノリでやっていると、お花畑を説得することが出来ませんよ。政治家が政治家のことしか見てないのと同じように。相手をバカにしているってことは、相手を必要としていないってことです。それで大きなムーブメントを作れると思っているのが驕りというものです。法的な瑕疵の多い告発遊びなど、無駄なことをやっているとバカにされますと、私は言いたかったのですけど、それで在日認定ですもの。同じように、大勢、在日呼ばわりして濡れ衣着せてるんじゃないかって言われてしまいますし、偽物騒動だとか保守分断だとか、疑心暗鬼を産むもとです。

安倍さんは絶対権威、余命は不可侵とするのではなく、それぞれが考える自由、議論する場を育てていくことが、末端まで浸透するための道ではないかと私は思っているのです。上の世代は遠からず死ぬのですから、まずは自分たちと同世代をターゲットに、ぐらいに思っています。

当ブログはあくまで余命ヲチブログのスタンスを崩すつもりはないです。余命ヲチに飽きたり、仕事が手抜きできないくらい切羽詰まってきたりしたら、突然停止することも有り得ますと言ってきているスタンスに変わりはありません。政治ブログランキングなんぞ魑魅魍魎の跋扈する世界で恐いです。ですけど、プロブロガーでもなんでもない一般人である私の稚拙な考え方に、誰かが反応してくれることが楽しいです。こういう話をリアルではなかなか出来ませんからね。

うまくまとまりませんが、ボチボチと。

またのコメントをお待ちしております。

(返信ありました、掲載します)

>弱気になっている大和心さんの危機感こそ、大切にすべきだと思っています。
>自民党の先生方には分かって欲しいですね。麻生の乱とか、安倍下ろしやってる場合かよって。

>パレルモ条約発効後も総連ましてや民団を名指し適用するのはハードルが高いでしょう
>法的な瑕疵の多い告発遊びなど、無駄なことをやっているとバカにされますと、
私は言いたかったのですけど、それで在日認定ですもの。
同じように、大勢、在日呼ばわりして濡れ衣着せてるんじゃないかって言われてしまいますし、
偽物騒動だとか保守分断だとか、疑心暗鬼を産むもとです。


上記の意見などは、とても共感持てます。
常に状況の最悪を考え、対応策を練っておくことも大事だと思うのです。

甘いタラレバ思考には、敗戦の教訓など全く活かされていないと思えます。

実際に先日のニュー速スレの意見を見ても、
皆さん余命Pと読者の行動をバカにして呆れてましたよね。

  嫌儲でしたっけ?呆れられて、あっという間に飽きられてました。

うまくいく場合のシナリオと、うまくいかない場合のシナリオと、両睨みでなければ危機管理は出来ないと思っています。その上で、確率的に自分はこちらに立つと言い切るのが、正しいオピニオンリーダーかと。

>少なくとも外務省は渡航勧告レベルの引き上げをして欲しいです。レベル1でも相当に効くと思いますけどね。
現にテロがあったドイツやベルギー、フランスなど、社員を渡航禁止にしている会社も多いのです。
韓国に遠慮する必要はないと思いますけどね。

・・・やはり韓国に気を使っている為に制限をかけられないのでしょうか。

たぶん韓国にというより韓国に進出した企業に対しての遠慮でしょう。Jアラートよりも、よほど警告&訓練の意味があると思うのですけどね。キーリゾルブの頃に外務省にはメールしたのですが、返信はありませんでした。

>今年の8月10日よりも2018年からの口座の名寄せのほうが効くように思います。
淡々とみんな一緒に機械的にだから、差別ニダ!と騒げない。

・・・悪魔さんは以前から一貫して、この考えですよね。
一斉にというところがミソなんですね。

そうです。余命さんが教えてくれた安倍シナリオの中で一番、信頼している策です。

>安倍さんは絶対権威、余命は不可侵とするのではなく、それぞれが考える自由、議論する場を育てていくことが、
末端まで浸透するための道ではないかと私は思っているのです。
上の世代は遠からず死ぬのですから、まずは自分たちと同世代をターゲットに、ぐらいに思っています。

・・・ターゲットを絞るって大事だなと、
私も余命Pが全方向へ敵を広げるやり方を見て、それではイカンのだなと勉強になりました。

無駄なことがあると、隙に繋がります。脇が甘いと言えば、通じるでしょうか?

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります