1272+. 靖国プロジェクト

1792 (2017/7/30).....昨日、靖国プロジェクトの打ち合わせがあった。
これは後代への「かく戦えり」というメッセージが主眼である。
今は、ご寄付の機会にご希望があればということで対応している。
現在、約7割ほどの方が登録されているが、別にご寄付がなくても、一度登録があればご家族その他の方も追記している。
そういうことであるから必ずしも正確な個人情報は必要がない。
登録ご本人の情報がハンドルネームでも、またすべてなくても、後代のみなさんが識別できるならばかまわない。

長々と書いてあるが、実は何も書いてない空疎な文章です。

2行目からは以前の繰り返し。

個人情報は靖国に奉納するのだから当然、誠実に正直に本名を伝えてくるだろうという暗黙の了解を、わざわざ、ハンドルネームでも、すべてなくても、かまわないと言っている。個人情報収集の目的が果たせない場合の、個人情報保護法違反を意識している。

一方で、寄付金ファイルでは、例えば、

1783 縄文びと
本日振り込みました
いつもありがとうございます
.....個人データがないので登録できない。
情報をお願いする。

と「くれくれ」言っている。

さて、面白いのは1行目の文だ。

「昨日、靖国プロジェクトの打ち合わせがあった。」

5W1Hの基本がなっていない。これは国語力の問題というよりは事実が存在しないと私は読む。

When 昨日

Where これはまあ、秘匿してもよかろう

Who 主語省略の場合は、自分を指す

Whom これを省略する意図は、靖国神社に問い合わせされたら嘘だとバレるから、そうは書けないからだろう。たとえば、在特会神奈川支部運営こと日本再生大和会の鈴木金三氏との打ち合わせなのかもしれないが、それじゃ書けないわけで。

What 靖国プロジェクト=名簿をCDに焼いて常時閲覧可能にする方法であるべきだが、本当は何を話したのかしら? 肝心のことが書いてない、つまり何も進展はないという意味だ。進展があれば、CDに焼くのをいつにするから、それまでにお願いしますと期限が切られてくるはず。

1547 (2017.2.20.).....また、今年の8月にはどのような形式にするか神社と相談する予定である。

How 常時閲覧可能は無理だろうねえ。先の大戦で散華なされた英霊のお写真ですら遺族からの寄贈を靖国神社はお断りなさっている。まったく天皇家にも、戦没者にも関係のないCDは靖国神社に対する寄進をした人のリストとして奉納することになろう。それなら受け取って貰えるかもしれない。ただ、名前を公開してもらえるほどの高額の寄付が、出来るものだろうか?

789お知らせ (2016/5/25) ・・・・・ご芳名はCDに記載して靖国神社に奉納、常時閲覧可能になるようにしたいと思っている。

そろそろ軍資金が底を尽きかけたのかな?それとも、私が前記事に書いたように、ラストスパートをかけてきたのかな? これはカネオクレのサインだ。

個人情報保護法を意識していることは、

1790 (2017/7/30) ・・・・・愛知や神奈川のようにまとめてくれと言われても、個々の懲戒請求は独立していて、懲戒請求者には相互にまったくつながりはなく、大和会も弁護士会の手間を考えてまとめて発送しているだけで委任されているのは発送だけである。当然、記録もない

を見ても分かる。第四次、第五次と過去の告発委任状を出した人、告発状を出した人にレターパックで印刷物を送ってきているのだから、完全な番地まで残した住所名簿を余命チームは持っていることは明白なのに、記録もない、とは真っ赤な嘘。

なんか国会答弁みたいだね。記録は御座いません、記憶に御座いません、って。

1693 (2017/6/23)   龍藏
余命の皆様、スタッフの皆様
日夜ご苦労様です。感謝です。
昨夜、兵庫県から届きました。オリジナルをとのお話しでしたので、添付します。次のFirestorageからダウンロードして下さい。本名は伏せ字とさせて頂きました。申し訳ありません。
http://firestorage.jp/download/eb810c2701627170444e9a145937dee50fa24bdb
よろしくお願い致します。  龍藏拝

.....一読百解。百聞は一見にしかず。意図ありあり。24件分まとまったらPDFで資料としてアップさせていただく。ありがとう。

他にもコピーを郵送した人も多数でしょ。

嘘つきは朝鮮人の始まりじゃなかったっけ?

余命が言えば真実に上書きされる人ばかりが読者として残っているから、ちょろいもんだろう。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

(コメント記載します)

余命さんの「靖国プロジェクトの打ち合わせ」は
やったとしても自分達だけの話でしょ。
2chで取り上げてた人が多かったから一応気にしてるんですかね。

今日の記事の感じからすると、
来月の靖国との話し合いは、
「寄付した人が100%一致していないので奉納出来ない。」
と、名乗り出ない読者のせいにして
誤魔化す段取りの前振りかなと勘ぐってしまいました。

明日から約束の8月ですから。

どうしていくのか注目してます。

(以上)

約束の8月というのは神社と相談するのことを指しますね?

相談なんか、しないんじゃないですかね。7月30日は、ほぼ8月みたいなもんでしょ。でも、具体的な内容は報告できない。8月15日に向けて神社は大忙しの中で2度もお相手願えませんでしょ。

やるやる詐欺の前科としては、会計報告と官邸メール第三弾がありますし、頬っ被りの実績としては「日本再生大和会」法人登録と「すみれの会」の規約公開と、前例はあります。

1450 (170106).....事務所のお姉様はしっかりしているから大丈夫。この日のためにご寄付をいただいている。告発が一段落したら、来月には会計報告すると聞いている。まだまだOK。

1426 (161226).....「スミレの会」は規約が厳しく守られているので、支給対象資格をクリアできない申請が多く、ご寄付いただいた資金はまだ十分あるようだ。
年末に収支報告があるだろう。
「日本再生大和会」は9月発足したばかりでドタバタしているが、これも税理士と税務署に相談しながら年明けには収支報告を出すと聞いている。

私としては、5年後あるいは10年後、決着がついてから、に無期延期する作戦ではないかと思っています。ななこさんの身を挺した前フリがありますから。

506. 不動のセンター2を読む

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります