1260. yoshさん人気

当ブログにコメントを下さる方にyoshさんの稲田辞任解説が的確だと教えて貰いました。

ぱよぱよ雑談、以下引用します。

特別防衛監察の結果次第ではありますが、今回の件で陸幕長が辞めた意味も重要だと思います。PKOは陸上幕僚監部ではなく、統合幕僚監部が指揮しており、日報問題も統合幕僚監部の管轄で、稲田氏は統合幕僚監部からの情報に従い、適切な対応を行っていたと思います。統合幕僚監部ではなく陸幕長が辞めた意味は、陸自隊員個人が保管している文章が見つかった事の「隠蔽を了承した」と言う事実と違う情報が陸自からリークされ、誤った情報を元に大臣の責任問題として追求されたことが理由となります。日報そのものが問題なら、統合幕僚長が辞任するべきですが、一部の非道な陸自隊員による行為であることから、陸幕長が自ら腹を切って止めた形となったのはこういった理由であると思われます。監督責任の観点から、退任間近の事務次官と防衛相が一緒に辞めることになったというのが真相だと思います。

(以上)

ふむふむ。陸上自衛隊の中に情報リークする不逞な輩が居ると。

その責任を取っての陸幕長の辞任と。

もし、これが正しいとすると、陸上自衛隊を信じてはいけないということになりますわ。

こういう状態で練られたらしい余命式ハードランディング計画は、陸海空のうちの陸上自衛隊が担当するはずだったわけですが、危なっかしいですねぇ。

こんなこと書くと、

CAtmouseTailさんに

たった一滴の毒が皆の心を波立たせ、疑心暗鬼に導かせる。
これ、F見一派の得意技。
と言われてしまいそうですが、陰謀論って、諸刃だと思うんですよね。
たとえば、自衛隊の中にも中国人妻を持つものが居るだのというのだって、秘匿された情報として流されれば、信頼を毀損できる。
現に余命さんに対して情報を流す行為が、機密保持の意識の甘さです。
余命さんが今ごろになって放談会は記事に出来ないと言いつつも、やっているよーやっているよーアピールが、どれだけ自衛隊の足を引っ張ることか。
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります