921. 小坪先生とハードランディング

その上で「これ以上、激しい意見」を私に述べよ!と言う方へ。
ご要望には添えません。貴方自身が、氏名住所を公開の上、職場もわかる状態で「実名で」ネット上にお書きください。

具体的なことは自分では書かないのに「ハードランディング」という単語を使うところに、彼の「余命読者を取り込んでおきたい」という欲が透けて見える。青林堂仲間だものね。

自分では書かないで想像にお任せします、としている酷いことの中に、「通名を使っているから自衛隊が便衣兵として射殺」のようなものが入っているかどうかは、私は疑問に思うけど、余命読者は「小坪先生がハードランディングに触れた!」とホルホルする。これを彼は狙っている。彼のいつもの両天秤の書き方は、脇が甘いとも言える。

余命の言うハードランディング、(今後は「テロ等準備罪」でアウトだからね。)

78「公安、外患誘致罪適用へスタンバイ」 しかし日韓開戦の場合の動員は交戦国は日本です。凄惨な殺戮戦は必至です。通名、日本人なりすましは即刻、テロゲリラ扱いが現実に見えてき ました。

358 (2015. 10.21) ・・・・・自衛隊が在日に関して「一艦殲滅である」という方針を反日勢力は理解しているだろうか?いないだろうなあ。

279 (2015.7.29).....交戦国に動員される国民は敵兵であって韓国人はすべての国民が文民ではない。

「国籍詐称はスパイ行為とは根本的に違う。職場 であるいは近隣住居で通名がばれたとき、これはスパイ行為ではなく便衣兵つまりゲリラとして扱われる。これ世界の常識。特定人物の情報公開は平時において は許されない行為である。だが武力衝突発生時の在日情報は、戦争当事国、敵国情報となるのである。これは戦時国際法上許される。」

「武力衝突時、通名は、日韓敵対関係にあるときに、国籍それもよりによって敵の国籍を偽装する行為であって、これ一つでアウトということだ。」

.....通名を一つ残した理由はこれだった。

354  ・・・・・一応、動員は大統領令をもってするとしているが、 後は現場の裁量にまかせている。中国同様、韓国は大統領令がなくても、韓国憲法第39条において、「すべての韓国国民は国防の義務を負う」という規定によ り有事には自動的に動員され、兵務庁傘下となるというのが、現実的解釈である。(中略)大きく問題となるのは、紛争時、中国や韓国在住の 邦人はすべてが文民である。ところが、日本国内の在日中国人と在日韓国人は軍属であるということだ。実質、ゲリラ戦の状況となる。在日中国人はともかく、 在日韓国人はそのほとんどが通名であるため、戦時国際法では便衣兵として扱われる。これはなりすましゲリラとして即刻処刑が可能だ。

249・・・・・日本国内においては、米中紛争、あるいは戦争勃発時は在日中国人と在日韓国人、また親中、親韓、関係友好政党や勢力の駆逐が瞬時に遂行される。

こうやって仄めかしておいて、でも、実際に小坪市議が言いたかったのは「強制送還」と、後出しじゃんけんで苦しくなったら言うだろうと思う。朝鮮語を話せない在日が帰国したら生きていけないだろうね。でも、韓国から召還命令が来たら、お帰りいただくしかないのよね。これだって十分に酷いことだよね。と言うと思う。(←氏名住所を公開の上、職場もわかる状態で「実名で」に込めた精一杯の嫌味からの判断。)

特別永住許可が取り消しとなり、強制送還などとなった場合、当事者たちは大変だと思います。ここは嫌味でもなんでもなく、本心から同情します。だって日本語しか話せませんし。

ま、この先、いきつくところまで行けば分かる。