898+++. 後を任された

信濃氏、復活。と言っても、まだコピペ厨のレベルだけど。

豆腐おかかさんのブログ閉鎖宣言に刺激された模様。情の深い人だものね。信濃さんらしいと思う。

「粛清」によって萎縮していた弁舌が、ファクトに基づく議論が出来るところまで復活されることを、心から、お待ち申し上げております。

ということは、そろそろ「真太郎検証記事」が出るのかしら?

  • 814. 信濃さんの復活に期待を読む
  • 128. ダブル太郎騒動はを読む

スクリーンショット 2017-06-06 8.02.10.png

最後に残るって大変なことだ。先に逃げたほうが楽。信濃氏は最後の1艦だから責任が重いよね。

  • 323. 消えた学生ブログを読む

名残を惜しんでいる人は、自分でブログを立ち上げてみればいい。手間暇かかるけど、お金は一切かからないし、実は荒らしコメントを排除することも設定次第で簡単に出来ることが分かるはず。特に更新しなくても何も問題は起きないことも分かるはず。

たぶん、虫食い状に記事を削除したために、それを気づかれたくなかったからブログ削除することにしたんだと思う。薮へびだったよね。閉鎖宣言から間を置かずに契約解除すれば、カレンダーが虫食いだと私が気づくこともなかった。古い記事から順番に消していれば、店じまい準備だと思うだけだった。お別れ会がダラダラと続き、引き止められたからと「情報投下」のお勉強ブログとして残そうと目論んだがために、何をヤバいと思ったのかがバレてしまった。私に関して書いた言葉が見事に消えている。事実無根の誹謗中傷でしたと自白したに等しいと受け取っておきます。

暗黙の謝罪ありがと。私がHMさんでないこと分かってくれたんだよね。私怨って言うT.K.さんに煽動されたこと、反省してくれたんだよね。

  • 887. 新たな獲物2匹を読む

でも、ブログ削除しても逃げられない。第四次告発状は出てしまったから。私は「おかか様」の本名を知らない。だから一網打尽に1000人告発団は一括で逆告訴します(可能性は低いけどね)悪しからず、ご了承下さい。

  • 888. お楽しみはこれからだを読む

(コメントを貰いました)
信濃さんはつくづくタイミングを逃す方だと思います。

本人が選ばれた道でしょうから
今度は余命の第一防波堤の役割をしっかり担って頂きたいです。
おかかさんの意思を継ぐ決意であるならば。

そして、信濃は脱いで『実名』で活動するべきだと思います。

余命の回りは『HN』しかいません。
余命本人は実名活動は逃げているので無理でしょう。
もし、第5次告発を提出したら888砲来る可能性はそれなりに高いと思います。

HNのみんなが『敵前逃亡』を選択したら
『実名』の告発状の束が残るだけです。

(以上)

コメントありがとうございました。

信濃氏は、余命様に粛清を喰らって傷ついておられます。トラウマから余命記事に触れなくなって、一度はリンク集にまで堕ちて、そこから復活して来たのがT.K.さん絡みと、人情に篤いからこその苦渋を抱えておられるかと「忖度」いたします。私は彼は告発委任状・告発状を集めている頃にサポーターとして加担はしておられないので、そこまでの責任はないように思います。

ただただ、真太郎憎しのあまり、T.K.さんから逃げられないのを気の毒に思います。

告発状&懲戒請求書を出した人は自己責任なんですよ。究極のところね。私は十分に警告しました。おかかさんほど煽動まではしなかったけど警告もしなかった信濃さんの責任感は、どの程度なのか見守ります。

(2017/6/8) 追記

信濃さんがT.K.さんのリクエストに答えた。ただのリンク集で、考察は一切なし。真太郎氏に宣戦布告するかと楽しみにしていたけど、出来なかったようです。次は、これをT.K.さんがどう料理するかですけど、既に彼がこれまでに記事にしてきた以上のものは何もなし。

T.K.さんへ

約束していた真太郎氏との経緯のまとめ、遅れに遅れてしまい申し訳ありません。いろいろ考えたのですが、あまり注目を与えてもいけないと思いますの で簡潔にまとめました。もっと本格的にやるつもりで先延ばしにしていたのですが、大したことをしなくて申し訳ないです。(だったら早くやれよって突っ込ま れてもしょうがないです。)

資料としてお使いいただければ幸いです。

(以上、引用)

これで義理は果たしたので逃げようと思えば逃げられたはずだが、信濃氏は「そこそこ自由な掲示板」を作って楚練さんに提供してしまった。せっかくソ連さんが自粛宣言をしたというのに、ハードランディング路線=テロ共謀の火種を残してしまった。風を起こして火を大きくしようと最初の発言もした。これで逃げられなくなった。彼は自分で自分を追い詰めたね。余命さんの後始末は彼の任務と決まった。おつかれさまです。粛清のトラウマによる減免措置は、これで私の中から消えました。

責任感というよりは、警戒の無さ(どんな重い責任が飛んでくるかが分からない)が彼の限界なのだろう。余命読者はピュアだからね。自分たちは真っ白だと疑っていないから。

外患罪の83−86条(通謀利敵罪)が削除されていて、削除された罪は、罪として問えないことに、彼が、いつ気づくか、ゆっくりと観察させていただく。

(コメントいただきました)

信濃さんはもしかしたら
「余命三年時事日記考」を見てない人かもしれません。

おかかさんを引き継ぐことしか考えてないのかも。

最近の事情が読めてないっぽい。

浦島太郎状態かも。

(以上)コメントありがとうございました。

「余命三年時事日記考」というのは、このブログ、通称「悪魔のブログ」のことです。

浦島太郎、3番目の太郎ですね。

信濃太郎氏のブログがスパムと認識されてGooから削除されてしまった騒動があって、3月後半から4月にかけてはリンク集Upしていませんでしたので、余命さん記事すらも読んでなかったかもしれません。となると、サテライトブログならまだ巡回する余裕はあっても、アンチ余命ブログまでは手が回らなかったでしょうね。特に、私は調子に乗ると1日に10本とか書いてしまうので、読み切れない人も居るみたいです。