889. 恥だから逃げるに限る

「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と近い関係にあると報じたサンデー毎日の記事で名誉を傷つけられたとして、自民党の稲田朋美防衛相が発行元だっ た毎日新聞社に550万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は5月30日付で稲田氏の上告を棄却する決定を出した。請求を退 けた1、2審判決が確定した。

記事は2014年10月5日号に掲載。当時、自民党政調会長だった稲田氏の資金管理団体が10~12年に在特会の関係者8人から寄付を受けたとして「在特会との近い距離が際立つ」とした。

名誉毀損で訴えたとは、稲田氏は「在特会」と近い関係だと言われるのは不名誉なことだと感じるということ。

余命チームが、「日本再生大和会」が在特会神奈川支部の人間を理事として法人登録したことを、寄付した人に対してヒタ押しならぬヒタ隠しにするのも、在特会のことを日本の「恥」だと思っているのかな?

少なくとも一定数の「在特会」には関わりたくない人が、余命読者の中にも居るでしょう。それが少数なのか大多数なのか、全く読めないから恐くて公表できないのかな?

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります