856+. 外患罪適用は諦めた?

1640 (2017/5/10) ・・・・・

№32被告発人
伏見顕正(ブログ管理人)及びそのグループ
でれでれ草ブログ管理人
悪魔の提唱者と称する者およびそのグループ
反日、反社会的ネット投稿者(別添リスト)

これが4月21日に返戻されてきた。それも外患罪否定ではなく要件不備が理由である。
ならばと言うことで、外患罪適用は別件とし、この件は一般犯罪として刑事告発して地検の対応を見ることにした。従前は委任状であったが、今回は個別の刑事告発である。

一般犯罪で1000人告発など、過去に例がなく従前通りとぼけて門前払いできるか注目している。また返戻されるようなら、検察審査会への不服申し立て要件を満たしていないので担当検察官適格審査会への申し立てということになるだろう。

先生、質問です!

第四次告発は、「委任状」でなくて「告発状」ではなかったでしょうか?

  • 刑法第230条 名誉毀損罪
  • 刑法第233条 信用毀損・偽計業務妨害罪
  • 刑法第172条 虚偽告訴罪
  • 刑法第222条 脅迫罪

これらは、一般犯罪ではありませんか? 直筆の「通名」サイン色紙と引き換えにゲットした1000人分のレタパ告発状はどこへ行ったのでしょうか?

っつーか、記念すべき日本再生大和会第一号案件=伏見氏個人の告発は、同じ4つの罪状で、すでに一般犯罪として「不受理」を喰らったのではなかったですか?

  • 192. F事案の続き来ましたを読む

余命爺様は、またもや、ホムラっていらっしゃるようです。アラフィフが70オーバーになるのも、タイムループのし過ぎかも?

  • 481. 傀儡から拝領を読む

本日追加57案件が決定、印刷にまわした。13日から発送となる。

新しいオマケを待ち望む方々は、しばし、お待ち下さい。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

これまで余命様は第三次と第四次第二弾を有耶無耶にされてきました。第三次(委任状バージョン)は知らないうちにあったようですが、第四次第二弾(1000人告発状乗り遅れ分)は省略されるようです。第五次は乗り遅れ分+新規募集も入れて2000人告発のはずが、1000人に減ってもいます。(たぶん、コピペミスでしょうけど。)

去年の8月から言っている伏見氏個人に対する民事賠償請求というのも、どこかへ消えています。(民事=本命として数ヶ月後に出てくるかもしれませんが)

1640 (2017/5/10) ・・・・・以上は6月5日川崎デモ関係。これは原告団の結成と2000人告発とは別にデモ参加者の刑事告訴、民事告訴、損害賠償請求ということになる。横浜地検は困るだろう。

「外患罪は別件で」というのも、忘れ去られる可能性が高いと思っております。

要件不備つまり「疎明がなされていない」ということです。私がネットに書き込んだものを、敵の側の誰が暗号として受け取って、その結果、カリアゲ君がミサイルを射つに至るまでの因果関係が告発の要件として必要ですが、それが書かれていないから不備なのです。

風が吹けば桶屋が儲かる論で誰かを死刑にすることは出来ません。やっと不動のセンターも、83-86条(通謀利敵罪)が現行法から削除されていることに気づいたのかもしれません。

1640 (2017/5/10) ななこ
例えば、市議会で決議をしたから死刑は重すぎるとか、有田ヨシフは確かに道路に座っているが、それで死刑になるかどうかとか、隣で口を開 けて転がっていた辛淑玉は他にいろいろやらかしているが、シットインだけでは死刑は無理だとか…。

個別の刑事告発にするのであれば、32被告発人リストを分けることです。複数の人たちのうちの誰がやったことか、明確に書き分けるだけの文章力が、余命プロジェクトチームにはありません。アバウトに、曖昧に、仄めかすだけが取り柄の妄想ブログだからです。その文章力の無さを補うためには、バラして1つのことだけに特化した告発状にすれば、少しはマシになります。数も稼げますよー

頑張ってね。お手並み拝見と言うほどの手並みがないことは、もう知ってます。母親のような暖かい目で余命スタッフの成長を見守りたく思います。

ちなみに  x沖縄地検 ○那覇地検 です。前にも指摘しましたが学習能力が低いですね。最近、三代目Cに変わったのでしょうか? コピペマシマシなのは、そのせいでしょうか?

また、32.告発状の宛先は東京地検だったはず。返戻文書の日付は横浜のものですね。

東地特捜第2206号
日本再生大和会 御中 平成29年4月13日
東京地方検察庁
特別捜査部 特殊直告班

平成29年4月21日
日本再生大和会 御中
横浜地方検察庁特別刑事部   公印

東京地検宛てのものを横浜に出したのでしょうか?

なんとも謎のミスが多過ぎます。スタッフは設定ぐらい覚えておくように。

1638・・・・ちなみに公印のある文書も受領と返戻の確認であって、受理したわけではなく、検察審査会への申し立てはできないそうだ。なぜか親切に説明をいただいている。要するに文句があるなら検察官適格審査会へ行けということのようだ。
この件は担当者の特定が必要なのだが、窓口では担当者が氏名を名乗らないので、独自に調査中である。

1638・・・・検察官適格審査会への申し立ては、被告人特定に時間がかかっており今回は難しそうだ。

1640・・・・検察審査会への不服申し立て要件を満たしていないので担当検察官適格審査会への申し立てということになるだろう

こちらにも、雲散霧消フラグが。言うだけならタダだが、数を誇るために仕事の遅い余命チームではマルチタスクは無理、gdgdになるだろう

官邸メールも放置プレイだ。

1626 (2017/4/25).....第五次告発では官邸メールと連動する。すでにミラーサイトさんとの話は済んでいる。23日ひた押し態勢がほぼ完成した。