800. 実名投稿

最近、H氏とHMさんを血眼になって探しまわるT.K,さんから、私は人違いだと何度いっても私がHMさんだと決めつけられて閉口している。なぜ、T.K.さんはそこまで二人に拘るのだろう?

HMさんとH氏の間の関係性は、余命ブログとは一切関係がないはずだ

と考えていて、159記事カミカゼ戦争勃発?に書いたmynamekamikazeが「パクられたらしいな」と呟き、それをT.K.さんが拾い、大和心さんが清々しく逃亡した一連の騒動を思い出しました。アノ時、T.K.さんはH氏の実名投稿が余命ブログにあったとスクリーンショットを掲載していたはず。

799記事で余命のバックアップサイトを紹介する文を書いていて、Kotoage.netは余命ブログがアップされると打刻され一番最初の投稿が自動保存されることを思い出して探してみたら、確かにあった。あった。

http://kotoage.net/yomei/kc.cgi?151223001

2015-12-23 23:16:30

<>
京都府のxxxxです。本籍は東京都です。
実は、先週金曜(12月18日)、愛知県千種署の警部補に、名誉毀損事案で取り調べを受けました。
名誉毀損とのことで、親告罪にもかかわらず告訴状なし、被害届のみにもかかわらず、警察官2人がわざわざ名古屋から京都まで来ました。
問題となったのは、この「47」の書き込みです。
xxxxが、6月9日に警察に被害届を出したそうです。
取り調べの12月18日は、告訴期限が過ぎており、立件の可能性が皆無。
捜査実績稼ぎで来たと、刑事が匂わせていました。(笑)
http://blog.livedoor.jp/kan20140512/archives/1034026692.html
とりあえず刑事に、5月中に韓国に国外資産を通報しないといけない、
という報道資料を渡しておきました。
あと、このxxxxxとその兄弟、とんでもないやつなんですね。
兄は懲役複数、姉は巨額脱税で有罪判決(執行猶予)、
xxxxはコピーショップの経営に携わっていて、自宅と職場(歯科医院を開業)はコピーショップだらけ。

弁解録取書に、「xxxxはコピーショップに関与してる」と書かせたので、公務員が職務上知った犯罪だ、警察は取り調べる義務が発生していますな。
他にもxxxx周囲の人間の犯罪をレターパックで送り付けたので、楽しいことになりそうです。3.11の際の民主党政権が強要した(?)放射線量の捏造の件もむりやり捜査義務を発生させました。

各論については扱わない余命さんに、なぜこの話をしているのか?
それは、余命から在日諸君にアドバイスをしてほしいからです。
「このようなレベルの名誉毀損であっても、愛知県警千種署の警部補は、被害届だけで捜査をしてくれます!在日の皆さん、不都合がありましたら、正 義の味方、警部補をご指名で捜査をお願いしましょう!在日の皆さん、千種署の電話番号は052-753-0110です。捜査の受付は早い物順で す!」

この件についての詳細は、僕に直接コンタクトをとってください。
僕はSkypeアカウントが xxxxxxx 、メールアドレスはxxxx です。
余談ですが、僕はもと「じゃあの」関係者。あの電通社員「鄭 秀豪」の名刺、歌舞伎町のラーメン二郎から僕がパクってきました(笑)

(以上)

5月中に韓国に国外資産を通報しないといけない、という報道資料を渡しておきました。

ので、公務員が職務上知った犯罪だ、警察は取り調べる義務が発生しています

というからには、この時点ではH氏は余命さんの言葉を信じていたんですね。

こうして実名投稿という礼を尽くして余命に協力を求めていたのに、晒しの刑に処せられただけで何の協力も得られなかったH氏は、余命に裏切られたと感じ、真・カミカゼとして反余命側に回ったというのは納得できる。

T.K.さんは何度も、

この事件が捜査されることはないでしょうが、このような行為が「犯罪行為」であることに変わりはありません。もし、MH氏、H氏に身に覚えがあるのなら、 自らの行為を今一度、振り返って、十分に反省すべきでしょう。このようなことを繰り返していれば、いつかは、罪に問われる日が必ず来ます。

■ 「しらゆき」の中の人の悪事についての補足
(前略) この悪事を法に照らして、犯罪として訴えるかどうかは、被害者 の方次第ですが、私見として述べさせていただけば、この加害者は、これまでにも多くの悪事を積み重ねてきており、狡猾に法の網の目をくぐり抜けてきまし た。そのような悪行は、この加害者に関わった多くの人を苦しめ、それのみならず、この加害者の家族、加害者自身にも責め苦となってのしかかっています。こ のまま放置すれば、この加害者の悪行は繰り返され、連鎖していくでしょう。そのような悪の連鎖を断ち切るためにも、この加害者を断罪すべきと考えます。

のように、法では裁けない罪というものに拘っています。それは、H氏を一度は訴えたものの「不起訴」になってしまったために、「一事不再審」により二度と同じネタでH氏を訴えることが出来ない悔しさと感じられるのです。

また、雑記という中には以下のような不思議な出稿がありました。

2017/02/20
5. 刑事裁判

ある刑事事件ですが、昨年末、起訴が決定。年初に起訴され、一ヶ月後に公判があった模様。今月末か来月始めあたりに、判決が下されるようです。

2017/02/23
7. 刑事裁判、執行猶予

被告人の犯した罪が比較的軽いとき、犯罪者にしない為の温情があるのですね。執行猶予期間を恙無く終えれば、前科がつかないというのは、初めて知りました。温情があるうちに、しっかり反省して、犯罪行為からは、きっちり足を洗うべきですね。

2017/03/03
14. 判決が下る

「雑記 5. 刑事裁判」で取り上げた、ある刑事裁判のことですが、2月28日午前10時に公判が開かれ、判決が言い渡されたようです。執行猶予付きの判決だったと思われます。3月14日までに、被告側、検察側、双方が控訴しなければ判決確定となります。

この後の出稿はありません。どんな判決だったのでしょうね。本当に傍聴して事実を把握しているのなら「言い渡されたようです」「思われます」って書き方は変です。この裁判の関係者でないのだとしたら、なぜ、伝聞推定の形ででもブログに書いて広めようとするんでしょう?

誰が被害者で、どんな罪なのかも、一切書いていない。本当に存在している事件かどうかを確かめ様が無い書き方です。

T.K.さんの「裁判」「告訴」に対する恐ろしいまでの執念を感じます。人違いだと何度言っても理解されない人から、この怨念にも似た執念でつきまとわれたら、普通の人なら参ってしまうでしょう。T.K.さんが真太郎さんから私にターゲットを変えたのは、女のほうが弱いと思ったからでしょうか?それとも、(HMサンに協力したというだけでH氏は刺身のツマのような存在)H氏よりもHMさんに対する気持ちのほうが彼の心の中では本命だからでしょうか?

「黙れ」と言われて黙るようなタマじゃないと前記事に書きましたが、私はかえって燃えて来ました。売られた喧嘩は買います。T.K.さんが私のことをHMさんだと言いつづける度に、違うと否定します。延々と、いつまでも。

HMさんでない確証のある私=潔白の主張=正当な権利と、単なる推測=言いがかりにすぎないT.K.さん。先に音をあげるのは、どちらでしょうね。

まずは、私のブログの全ての記事に対してH, M, Kのどれかの色分けを、出来るものなら、やって発表して下さい。(正解はすべて同一人物によるものですから、出来っこないのですが。Kの成分がどの程度とT.K.さんが見ているのかに興味があります。)

(実名のところはxxxxに変換しております。実物はkotoage.netを参照にして下さい。)

  • 796. Katei no2を読む
  • 794. 意外と成立しやすいを読む
  • 793. 余命殲滅大作戦を読む
  • 788. Katei noを読む
  • 787. ソースは(明かせ)無いを読む
  • 784. ぼかしのテクニックを読む
  • 783. T.K.氏に宿題を読む
  • 777. 芸風が違うを読む
  • 744. アスキーアートを読む
  • 742. 尻尾巻いて退散を読む
  • 738. かの国の人みたいだを読む
  • 736. 二階堂稲荷の現在を読む
  • 725. 照千一隅の本当の目的を読む
  • 720. しかるべき機関って?3を読む
  • 642. 11人居るを読む
  • 626. T.K.さん真太郎さんに喧嘩を売る2を読む
  • 606. T.K.さん真太郎さんに喧嘩を売るを読む
  • 452. F事案150121を読む
  • 484. togetterを読む
  • 411. ID:g2XY88kiさんへを読む
  • 384. 5%の悪意を読む
  • 366. 358の続きでを読む
  • 358. 違いますを読む
  • 352. 弥栄連呼?を読む
  • 325. 否定コメントを読む
  • 274. 雉も鳴かずば撃たれまいを読む
  • 236. ぽJそうめんさんへを読む
  • 214.教会とは何でしょう?を読む