676+. 現代ビジネス

真太郎さんのブログ

戦争する金のない米国は、誰かが金を出してくれるまで朝鮮半島を攻撃しない。主に日本が出さないので未だ斬首作戦でさえ実施されない。米国は中共及び露と戦争する金がないのと中共市場を無くしてしまうのは惜しい為

見える戦争を起こさないで勝つ事を目指す。

こういう独自視点が面白い。 私も斬首作戦は今はまだ決行されないに希望的観測で一票を入れたい。日本の被害を食い止めるためには憲法改正がどうしても必要なのだ。今はまだ出来ていない。

それと国連の敵国条項から日本を外す決議が必要。

トランプさんはどこかで戦争をしたがっていると思うけどね。彼がモタついている今のうちに日本は自分たちの手でSystemを変えなければならないのだ。

彼が何にもたついているかは以下、現代ビジネスより引用

今後も次官、次官補、局長などの人事が難航するのは避けられそうにない。トランプ政権は政権の態を整えられるか正念場に直面しており、政策を立案し、履行していけるか、大きな不安のタネを抱えている。一例をあげれば、国際世論を無視して、3月6日に4発の弾道ミサイルの発射実験を強行するなど、核兵器やミサイルの開発を続ける北朝鮮に対し、外交や安全保障分野の省庁幹部の人事の停滞が原因で、米政府が有効な対策を講じられないリスクがある。いくら閣僚がオバマ時代の遺物である戦略的忍耐を放棄して、あらゆるオプションを選択肢に加えると表明しても、口先だけと甘く見られかねない。

(以上、引用)

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

コメント頂きました。以下、原文のまま掲載します。

アメリカは北朝鮮がなくなると困ります。
アメリカ文化にはスーパーヒーローというのがいまして、villain (悪役)と戦うのがお仕事です。
Captain Americaという有名なのがいますが、こうやって登場してきたわけで。
http://forward.com/schmooze/341490/the-day-captain-america-became-a-nazi-and-the-internet-exploded/
ナチスが潰れても今でもキャプテン・アメリカはアメコミの中で健在ですが(しばらくはナチス残党を叩いていました)
とにかく悪役がいないとスーパーヒーローは活躍できません。

国レベルでわかりやすいvillainをやってくれて、なおかつ米国内で異論が出ないのは北朝鮮くらいだと思います。
イスラム教の国はだめですよ。国内のイスラム教徒がうるさいので。

北朝鮮の核に対抗するためにアメリカは核を放棄できないし、軍事力もないといけない。
だからといって、悪役を完全に潰したら正義の味方を演じることができません。
アメリカ的には現状維持がベストなのです。

コメントありがとうございます。

キーリゾルブは3月で終わり、フォールイーグルが4月末まで続くんでしたっけ?

4発同時発射の時はアメリカが黙ってないかも?と思ったが肩すかしに終わったので、次の地下核実験でも遺憾砲だけで終わるかもしれないと今は思っています。空爆と言っても地下にあるシェルターのようなところに隠れているカリアゲ君を爆撃するには、小型核を使うしかないわけで、ピンポイントと言っても地表で済んだ中東のようにはいかない。後始末も含めると、かなりの覚悟が必要なので、言うは易し、行うは難し、なのだと思います。

下記のような動きがあるだけでも、抑止力になるといいのだけど。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000103-jij-pol

自民党は29日、党安全保障調査会などの合同部会で、敵のミサイル基地を攻撃する「敵基地攻撃能力」保有の検討を急ぐよう政府に求める提言をまとめた。

北朝鮮による弾道ミサイルへの対処能力を強化するため、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」など新規装備品の導入に向けた検討も促している。30日に安倍晋三首相に手渡す。

提言は、党安保調査会の下に設置した検討チーム(座長・小野寺五典元防衛相)が中心となってまとめた。核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「新たな 段階の脅威に突入した」と指摘。専守防衛を逸脱しない立場から「敵基地攻撃能力」の用語は避け、「巡航ミサイルをはじめ、わが国としての『敵基地反撃能 力』を保有すべく、直ちに検討を開始する」よう政府に求めた。