587+. 通りすがりの者です。さんより

コメント頂きました。以下に全文を掲載します。

あまりあなたを怒らせるようなことは書いていないと思うのですが、
 北に米国から攻撃を加える事はありません。せいぜいミサイルを長距離
 飛ばした時に脅しを加えるくらいしか出来ません。実力から不可能です。
 「謝罪と賠償を北にしろ」と日本に要求してきたのは、歴代の米国政権
 であり一貫した政策です。米国に「どうかなんとか協力してください」
 と哀願した拉致被害者家族を米国がどう評したか。調べて下さい。
 トランプがどう出るかなど期待するだけ無駄です。では日本に軍事行動
 を取らせるか?とんでもありません。米国にそんな考えは毛頭有りません。
 それどころか日本の経済的な発展を許さないでしょう。ことごとく
 実効的な政策の邪魔をしてきます。いまだに日本は全世界を敵にして戦って
 いるのです。調べればわかると思っていましたが、残念です。
 こんなことは言葉だけで言われても納得できませんからね。

怒ってはいません。

ただ「北に対しては、余命も大して言及していませんので、あなたも口を挟むのをお控えなさったらいかがかと思うのです。」と言われて大人しく黙るようなタマじゃないだけで。それは、「外患罪で死刑にしてやる」と余命に脅されても平気なことから、おわかりいただけたかと思います。

日本が全世界を敵にして戦っていること」には完全に同意します。敵国条項が残っている限り、日本は敗戦国で普通の国ではない。あくまで世界で一番、罪深い日本が小さくなっていなければ連合国の体面が保てない。同じ敗戦国のドイツ・イタリア、元植民地に許されることも、日本には許されない。それが国連の仕組みです。

だから、「コソボ式」「クリミア式」もしやったら日本は終わってしまう。日本を潰したくてたまらないのが国連=連合国なのだから。

そう私は思っています。一方で、

過去がどうであれ、アメリカが北朝鮮をこの先もずっと放置するかどうかは、わからないと思っています。北朝鮮も韓国も、列強の獲物でしかないので、煮て喰おうが焼いて喰おうが自分たちの自由だと思っているでしょうから。

余命の言うところの「米軍撤退」やる気なら、とっくにやっているはずですが。

確かに生物兵器や毒ガスなどを溜め込んでいる北に攻め込むことは米兵を犠牲にする=アメリカ国内世論が持たないことと、中国が黙っていないことの2点から、これまでなら、あり得ないシナリオでした。しかし、中国が北を持て余していること、韓国が全く頼りにならないことを思い知ったこと、北朝鮮が既に核を持っていること、アメリカまで飛ばせるミサイルをいずれは開発する技術を持ち得ること(イラン制裁を解除したことで資金が流れてきている)などから、アメリカが方針を変えつつあると私は思います。

昨年の安保法制群も、その下準備と捉えることも可能かもしれません。安倍さんは「朝鮮半島へは行かない」と国会答弁で言っていましたが、TPPやらないの自民党の選挙公約違反やら、突然の日韓慰安婦合意の土下座10億円謝罪って裏切りなど、いろいろその手の実績はありますから。

私はアメリカが日本に核武装を許すとは全く思っていませんが、朝鮮半島へ自衛隊を引きずって連れて行く可能性もゼロではないと思っています。あなたがアメリカに北へ行くだけの軍事力体力がないと言うならば、尚の事、あなたの説によれば「在日米軍の20倍の戦力である自衛隊」を使い倒すことも必要とあらば視野に入れるだろうと思っています。駐留費負担は値上げしない代わりに人を出せ「Show the flag !」とかね。特に朝鮮に対しては自分たちが傷を負って得る利益が無いから、日本を利用すれば、韓国朝鮮の恨みはアメリカではなく日本に向けられ、日本をATMとして半島の面倒を見る義務を背負わせて、宗主国としてのタスクを減らす計算が出来ます(ただし日本が苦労してなんとか鵜を調教した暁には、鵜匠の元締めとしてキッチリ上がりだけは持っていくつもりでしょう)。まさに、あなたの言われる通りに、アメリカは日本政府に圧力かけて、北にもう一度賠償金を支払わせるつもりでしょう。日本の経済的発展の邪魔をするには、朝鮮が日本に抱きついてくる隙を日本に無理矢理作らせる。それぐらいのことを計算しててもおかしくないと思っています。だから「Kの法則発動狙い」の「嫌なシナリオと私は言っているのです。

ただ、今年のキーリゾルブでやるとは思っていません。本気でやるなら黙ってやる。青山さんが「断首作戦」をリークしたということは、いまだ脅しの段階でしょう。まだ金ハンソンの身柄は中国側に押さえられたままアメリカは手中にしていませんし。

ただし、ビジネスマントランプ戦争特需を狙ってますでしょう。自分がいろいろとロシアとの関係を探られて窮地に追いやられた段階で戦争の引き金を引くことは、あり得ます。戦争中はアメリカは大統領を変えることはしない慣例の国ですから。どこで第三次世界大戦をやるか?イスラエルか、南シナか、朝鮮か、と考えると朝鮮の可能性が一番高いかも?もう少し中国が不安定化したら更に可能性が高くなると私は思います。

そして「嫌なシナリオ」とは書きましたが、あなたの言うとおりアメリカが全くそんなことを考えていないのならば、今の北朝鮮の脅威を利用して憲法改正をやれたら丸々、日本の利益です。占領憲法から脱却する千載一遇のチャンスだと私は思っています。

ご意見ありがとうございました。 もし、このサイトを読め、これが資料だと、いうものがありましたらご教示下さい。勉強させていただきます

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります
541. 嫌なシナリオを読む
2017.3.5.20:06 速攻で返信いただきました。
以下、掲載します。
 _
私のスタイルはあくまでヒントを与え合い、以下は自力で調べる事です。
 前回の話はごく一部のヒントです。ここにこれが載っていますよ、など
 と教えることは、共謀罪その他にも将来抵触しかねないと思いますので
 いたしかねます。
 もちろん、メールアドレスは無効です。なぜ有効なメール先を教えねば
 なりませんかね。
 あなたにとって私が迷惑であっただけなのかどうか。それはあなたがこ
 れから取る行動によるのではないでしょうか。そして、私にとっても同
 じことです。
 それでは大願成就をお祈りしております。
_
「共謀罪」ちゃう「テロ等準備罪」の解釈も私とは異なるようです。
URLの貼付けが「共謀罪」と言うならば、余命ブログはアウト何百発になることやら・・・
私は時事問題について話していたつもりでしたが、あなたは私と犯罪の相談をしているつもりでしたか?  だとしたら、危険には近寄らないことに致しましょう。
短い間でしたが、おつきあいいただき、ありがとうございました。