508+. 従北勢力

似非保守を見分けるポイントは、私は3つあると思っています。

親露:私は親族がシベリア抑留にあっていますので、ロシアの残虐性は忘れることが出来ません。赤い余命さんは70歳代のくせに終戦時のソ連兵の非道がすっぽり頭から抜け落ちていますので、私は似非保守だと捉えています。保守とは言いませんが、古い世代の左翼(パヨクと劣化する前のインテリ層)が当然この部類です。

媚中:さすがに今は減ってきたと思います。前は居ましたね。10億人のマーケットに目がくらんだ人たち。いわゆるパンダハガーたち。余命さんは、これは当てはまりません。

従北:北朝鮮こそが正統な朝鮮半島の支配者であるという考え方。余命さんの言う「北朝鮮の赤十字が〜」ってのに総連の陰がちらつきます。板垣なんちゃらが言っている、満州にユダヤと天皇家の金塊でマンチュリア?を建国とかいうめちゃくちゃなオザワマンセー理論とかも、この類いです。北が南進しても在韓米軍は「内戦」だから手出ししないとかも朝鮮総連の願望そのものです。

正男の暗殺は本当らしいですね。

アメリカは北朝鮮主導の半島の統一だけは許さないと思います。一方で北の金王朝を滅ぼしてやったから、あとは知らん要らん勝手にせい、と今の中東みたいに投げ出して、半島まるまる日本に押し付けてくる可能性が高くなってきたように感じて、憂鬱です。非核三原則の日本の影響下に半島全体を置くことが出来れば、半島の非核化を他人の財布で可能で、これほど美味しい話はないのです。もし冷徹なビジネスマンとしてのトランプがライバル日本に負荷を背負わせて競争力を削ぐことを思いついたら、Kの法則発動を目論んでもおかしくないと恐怖を感じます。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

459. 先だしジャンケンを読む

「参考」小坪先生のブログ

https://samurai20.jp/2017/02/skunk-works/

青山氏はよく言うのだけど、アメリカは投票箱だけ持ち込んで「民主主義」だと言う、後のことは何も考えてないと。未成熟な国では、実はポピュリズム民主主義のほうが国が混乱し、腐敗し、末端の民が苦しむ。アラブの春の結果がISISの台頭であると私は思う。

正男は暗殺され小坪先生はシナリオが変わったように書いておられたが、彼のブログのコメントにあったように、まだ息子が残っている。シナリオ実行の可能性は高くなったのだと私は思う。

2017.2.22.追記
589 :
マンセー名無しさん
2017/02/22(水) 08:33:25.23 ID:r0xVxfcM
【動画】青山繁晴議員「米四軍が北朝鮮で『斬首作戦』に近いものを具体的に準備。早い場合3月。
可能性はゼロじゃない」(虎ノ門ニュース) : 正義の見方
ttp://www.honmotakeshi.com/archives/50707965.html
(AbemaTV/AbemaPrimeより)
 石高氏は拉致が行われた背景について、北朝鮮の国家として最大の目標である「韓国を社会主義のもと吸収し朝鮮統一をすること」があり、そのためにはアメリカを世界から孤立させ最終的に駐韓米軍を撤退させることだと指摘する。