481++. 傀儡から拝領

(2017.2.9.追記)

この記事だけ、やたらにアクセスが増えているのが不思議でした。原因は、私が思うに、

http://bba.bananapafe.com/2016/02/24/152

こちらの更新情報が、この記事が最後になっていて、以降、なぜか他のブログは新しい記事が紹介されている(シンシアリーさんは2/8, デレデレさんは2/7) のに、本ブログのみ2017.2.4.が最後の更新になっているからでしょう。

この記事以降に私がアップした記事の中に、よほど目に触れさせたくないものがあるのかしら?

それとも私が告発を恐れて逃げた=余命大勝利を演出?

(以上)

1516 第四次告発報告 (2017.2.4.)

日本再生大和会からいただいた告発資料である。
索引左の番号は告発事案の識別番号である。告発状の年月日の右にもついているので、内容の確認等はこれでお願いする。
 大和会からは別途、もっと詳しい資料が提供される予定である。第一次、第二次告発では基本的に内容をオープンに開示してきたが、第三次、第四次告発で は、大量の資料添付と、過去に例のない裁判官や弁護士、その他の具体的個人名や組織名が対象であるため、そのすべての事案は巷間、明らかにされているもの であり、事実関係には問題のない事案ばかりであるが、あらためて告発状でオープンにはしないようにした。

今回の告発は外患罪という万能ツールを駆使して、時効聖域も破壊していく作戦である。弁護士、裁判官、検察官という司法が告発されるなど誰が予測しただろうか?
 戦後70年を経て、初めての反撃が始まろうとしている。
 第一回1000人告発状のコピーは約20万枚、レターパックの送付先の貼り付けは本日から、とりあえず直筆サインは明日からということで進めている。

通名サインがお手元に届くのは、まだ先のようです。しばし、お待ちを。

しかし、初めての反撃は、すでに昨年の10月25日から始まってたんじゃなかった? 死刑死刑とどれだけ煽ってたか、すっかり忘れている今回は外患罪以外にも罪をつけて何とかして受理だけはさせるムービングゴールポスト作戦じゃなかったかな? 第一次第二次第三次の差し戻しは無かったことになっている。某国の歴史ロンダリングにも似てきた

1449・・・・送付する告発状については、ブログにおいて、その内容を掲載する。

PDFはスカスカバージョンらしい。どこにアップされるのかしら?

スカスカバージョンでは、事実関係の真偽のほどを各自は吟味できないわね。

1492・・・・こういう事案は事実関係の争いから始まるので時間がかかるし、これまでの経過その他をいちいち掲載することは難しい。

要するに、告発は真実であるという確信も持てないまま俺の言うままに黙ってサインしろ、って? 実に素晴らしい。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

匿名さんからコメント来ました。

今のレーザープリンターってそんなに壊れませんよね。インク切れもそうそうないですし。
それより、20万枚の紙ですが、一枚の紙が4gとすると、80万グラム、800キログラムと
およそ1トンの重さになりますが、爺の腕と腰が大丈夫なのか、そっちが心配です。

そういえば、直筆サインは明日からとかのたまってますが、ちょっと前には300セットくらい発送準備完了してたと
書いてあった記憶がありますが、それもどうなったのか気になります。

これで余命爺=司令説はさらに難しくなりますね。
ネット花屋を経営するような商売人の司令がここまでお粗末なことをするとは思えません。

(以上です)

私は、数については余命10倍の法則じゃないかと思うんですよね。読者4万を40万と言っていた方です。それから、ネットのお花屋さんは「うひ。」の内縁の妻「しえる」さんが、ソツなく切り盛りしておられると私は考えています。