257+. 退行現象

余命さん、裏切りものが居ますよ。余命さんの完璧な事実の羅列のはずの告発状が「不備」であることを認めてしまっています。

私は当初の余命のスタンス(告発するほうは単なる言いがかり、イチャモンでいい、あとは検察が捜査して証拠をあげてくれる)を批判してきました。告発というのは、警察が察知しえない事実を警察の代わりに掴んだから告発するという立場であるから、証拠があってこその告発だと。結果、3行告発文が長文へと進化し、余命さんは事実関係に争いがない、捜査の必要がないから「起訴」「不起訴」へストレートに飛んで行くと胸を張ってきた。

↓の意見は一種の「退行現象」ですね。受け入れられない事実に遭遇した時には赤ちゃん帰りするのと同じ。

192 :
マンセー名無しさん
2016/11/30(水) 08:21:42.07 ID:BOIXHRG2
>>191
それを調査するのは検察の仕事。
 ・
1335記事より けいちん
「単なる事実の申告のみでは足りず、刑罰法令が定める構成要件に該当する事実を具体的に特定し、かつ、その事実を具体的な証拠によって疎明していただく必要」

何で告発者がそこまでしなければいけないんだ?君たち、職務放棄?
 ・
1335記事より OT
「法に則り、因果関係の証明」をするのがお前たちの仕事じゃあないか!
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります