226. 余命背乗り説には否定的

41 :マンセー名無しさん2016/11/24(木) 11:30:27.19 ID:4peleSZS
懐かしの駄菓子菓子だって代替わり=背乗りがあった 
 余命にも背乗りがないとは言い切れない

私は否定します。まず、「決定打」に欠けると私が何度も言っているように、余命は非常に慎重に自分の正体を隠しています。それは「顔と名前と丸い身体を晒して、しばき隊と渡り合い、民団本部前で選挙演説をする桜井誠氏」とは対極にあり、とても在日に命を狙われる恐怖からだとは思えない、別の理由があると推測しています。それほどに慎重にしているからには、簡単に背乗りを許すとは思えません。二代目はPOJ仲間の熊本のおさーんだろうと私は推測しています。

私は初代と三代目(AもBも)同一人物だと思っています。根拠は「なぐられる」という言い方が共通だから。以前に伏見ブログに寄せたコメントとして記事にあげていますが、改めて掲載します。

(2016.6.29.に送ったものです)

詐欺と言えば、初代が亡くなったという設定も、かもしれないと思い始めました。
気づいたのは、「なぐられる」という表現です。
/
初代あるいは2代目のころに、何度もコピペで出てくる2008年賢者のシナリオの初出稿は、2013年2月か3月ごろの「16.日中戦争、日韓(朝)戦争と阿部イズム ①序章」
>日本の政治において一 番の問題は隠れ朝鮮であった。
>よってマスメディアが朝鮮になぐられている状況をネットを使って打破し、真の日本国民の敵は誰かを明らかにしていく。
/
違和感のある使い方です。また「殴られる」と漢字ではないところにも、ご注目下さい。
なぐ•る【殴る・擲る・撲る】
1(こぶしや棒などで)相手を乱暴に強く打つ。「—•る蹴るの暴行」
2乱暴に物事をする。また、なげやりにする。補助動詞的にも用いる。「書き—•る」
/
私は日本語としては、似たような音で敢えて探すのならば、嬲られるが正しいと思う。
なぶ•る【嬲る】
1弱い立場の者などを、おもしろ半分に苦しめたり、もてあそんだりする。「新入りを—•る」
2か らかってばかにする。愚弄する。「教師が生徒に—•られる」
3手でもてあそぶ。いじりまわす。「おもちゃを—•る」
/
この[なぐられる]の独特の使い方は、コメント投稿者やお追従ブログの誰ひとりとして使っていません。普通の日本語にはない使い方だからでしょう。
/
ところが、251 在日医師Red通報事案2015.8.21.  (この時点では、三代目?四代目?)
>③大阪は極端にひどいが、他の都道府県でもトップから教育委員会までなぐられているところは多い。
/
もう1回。 335 9.4放談会2015.9.7.
今日は余命が出かけているという設定での、Dの発言の中に、
>先日、やっと朝日新聞集団訴訟の第一回口頭弁論が開かれました。
>この期日間隔を見るだけで、日弁連になぐられている原告団の限界を感じますね。
という一文がある。
ちなみにその直前に、Dは「余命さんの官邸メールにもその手法が随所に見られます。」と、
敢えて自分は余命ではないように強調はしている。
/
そして、私が改めて変だと思った直近の記事が923 巷間アラカルト28、2016.6.27.
>とくに関西においては、パチンコ、タクシー、暴力団等の組織のほとんどは北がなぐってきた 状況であったため、もろに影響が出ている。
 死ぬ死ぬ詐欺っていうのが募金にはあるらしいですね。
以上のコメントを伏見ブログが掲載してからの三代目余命Bは、「牛耳られている」に言葉使いを変えています。伏見訴訟のためにブログを読み込んだからでしょう。図星だったのでは?と踏みました。
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります
506 :マンセー名無しさん:2015/05/15(金) 06:49:19.47 ID:OhTe3IIC
はいおしまい
仲良く余命さんの更新待とうぜ
三代目の語り口が何となく初代っぽくて好き