200. 200回御礼

ブログを作ってから2ヶ月が経過しました。ご訪問いただいた方がたに感謝申し上げます。

最初はPOJと余命の繋がりを記載したら、あとは放置するつもりでしたが、途中から外患罪告発の不備や矛盾があまりにも目立つので、ついついツッコミ続けていたら、200になってしまいました。

余命を信じる方はお断りとしているので、読者の数は多くありません。最近は最新記事しか読まない方ばかりなので、新規読者も増えていない模様です。すぐにでもネタが尽きると思っていたのに、毎度毎度、よくもまあ、こんなにツッコミどころをがあるもんだと、突っ込まれる余命さんだけでなく、突っ込んでいる自分自身にも正直言って呆れています。

伏見事案は「不起訴」と言ってきたが実際は最初から「不受理」であったことを余命さんが告白されたのは、衝撃でした。余命ブログ読者の誰も、伏見事案の続きを催促するような書き込みはされていませんでしたので、当ブログを余命御大自らが訪問しているのか、忠実な下僕がコピペ奏上しているのか知りませんが、ここでの書き込みが波紋を呼んで余命ブログにまで届くと確認できたのは収穫でした。次は東京地検に再告発ですから、外患罪と同じ窓口ですね。今後も「試金石」として伏見事案には注目していきたく存じます。なにしろ日本再生大和会の第一号案件です。(にしては五十六パパに自覚がないのが・・・あちらのHPの新しい記事でも触れていませんでしたね)

禪白楠葉さんがカミカゼを攻撃しているのにも私は興味はありませんが、その波紋が「余命」にまで広がるのならば、俄然、興味が湧いてきます。あの件はしばらく見守ろうと思っています。

私は1つのことに興味が集中すると、他のことはどうでも良くなるタイプなので、他に興味が移れば、このブログの更新はピタリと止まると思いますが、それを 「外患罪で逮捕された」とか「強制送還された」とか「徴兵された」とか言われるのが嫌なので、その懸念がなくなるまで意固地になって続けるような気が してきました。

176 :マンセー名無しさん2016/11/14(月) 10:19:17.77 ID:uYJeJRlU
>>175
 必ずしも怯えた日記を期待しているわけではない、例えば悪魔のように余裕を装った内容でも構わない 
 「ある日」を境に、日記は中断され書き手の消息は・・・・で終わるのも、また良し
妄想のワクワク感は、当ブログには有りません。余命関連以外の明るい話題も敢えて封印しております。それでも宜しければ、今しばらく、おつきあい下さい。

 1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります