181+. 予想しておこう2

1043 記事より伏見ブログについて緊急のお知らせ!

16日の保守合同会議の中で余命の誹謗中傷を繰り返す伏見ブログについて近日中に刑事告訴することが決定された。またあわせて民事損害賠償訴訟を起こすことも決定された。(中略)国 税とかマルサとか、まあいつもの手法だが、裁判となると、警察官の話や ら役人の話やらどんどんでてくる伏見ブログは、その記事の出処と信憑性が問われることになる相手は今回の国税にしても役人だからぺらぺらしゃべってネッ トで好き放題拡散されて責任が問われることになれば、それがたとえ真実であっても大きな問題となる。ましてや虚偽だったとすればまた別の犯罪で告発される ことになるだろう
伏見ブログが起点となって、反日だか在日だか知らないが、どんどんあぶり出されて芋ずる式になりそうだ。民事訴訟も半端な請求額ではないから裁判が楽しみだな。(2016.7.18.)

これは180.予想しておこう1の記事で引用したものであるが、色づけを変えている。それは見る視点を「悪魔の提唱者」の目線に180度、変えているという意味だ。視点を変えてみると、この部分は余命ブログにこそ当てはまる巨大なブーメランだ。余命の場合は「放談会」出席者の責任、安倍さんからGO!安倍さんと二人三脚の信憑性、安倍さんがスヒョン文書(余命リンク)を下野した後になって毎日、臥薪嘗胆して読んでいたという記事はたとえ真実であっても、首相個人の情報をペラペラとしゃべった側近は大問題となる。一番の問題は自衛隊のクーデターの記事だ。これらが虚偽だったとすれば別の犯罪で告発される可能性を、余命は検察に余命ブログの存在を知らせたことにより、自ら提供したことになる。また、「コソボ式=日本人も偶発的に巻き込まれるかもしれない殲滅作戦」「予備自衛官=民兵」「武力衝突」なども治安維持に責任のある政権として問題視するかもしれない。瑞穂尚武会(外部リンク)と「行動する保守」在特会などが公安・警察によって監視対象(しばき隊と同類扱い)となっているのは、そういう兆候なのかもしれませんね。

 1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

蛇足だが、芋づるが正しい。いも‐づる【芋蔓】

余命は誤変換や独特の日本語の使い方がいまだに多い。初代は意図的な誤字だと言っていたが、本当だろうか? 2ちゃんねるスレにおいて誤字誤変換をもってして在日扱いしているのを横目で見ながら、つくづく余命というのは都合が良い存在だと思った。