155++. 否定すべき可能性

  1. 津崎氏の代わりに〇〇〇〇で隠されている告発者の氏名に、余命三代目Bが自分の本名を入れているとは限らない。告発委任状から勝手に取った他人の名前である可能性は否定しておかねばならない。住所を「倉庫」にされたら、名前を使われても察知できない。
  2. 伏見事案と呼んでいる告発がハッタリである可能性。脅迫と恐喝がふらふらしているからだ。検察が刑法の上で条文が違う2つの犯罪(脅迫は222条、恐喝は249条)を間違うはずがない。3回も横浜地検に足を運んで会話していれば頭に叩き込まれ、言い間違いは避けられるはず。不起訴の理由書(PDFか写真、書き写した文章ではなく)が公開されなければ、告発そのものが受理されて無かった可能性が出てくる。(大和会公式ハンドブックにも2016.11.3.時点では伏見事案は活動報告にない http://yamatokai.daa.jp/archives/category/%E6%B4%BB%E5%8B%95%E5%A0%B1%E5%91%8A

まさかと思うようなことが、有り得るのが余命さん。すぐにバレる嘘をつく癖は直らないからね。

(追記:2016.11.12.  実は「不受理」であったことが1285記事で明らかになった。)

今回の告発を、東京地検に集中してくれて助かった。問い合わせの手間が1回ですむ。沖縄は遠いから懐に響くなぁと思ってたのだ。

何よりも、入国管理局のサーバーダウン、官邸メールへのDDos攻撃が誰によるものなのかが捜査権のある機関に知れ渡ることになったのは意義深い(伏見氏の通報が本当かどうか不明だった)。あの程度の告発状の郵送 (持参ではない)では、送り返されるのは目に見えている。その時に余命が検察を告発する無限ループ発動を指示すれば、桜井・津崎・余命と御三方とも仲良く、街宣車に乗っている騒々しい右翼と同類扱いされることになる。保守勢力との連携を模索しても誰も名乗りを上げてくれなかったのは、ノイジーマイノリティになりたくないからだ。国家権力と闘う立ち位置はパヨクのものだからね。昔はインテリの格好がついたが、今や老害で偏差値28のオワコンだ。国民の支持は望めない。どうやら伏見事案での無限ループはあまりのしょぼさに断念したよう(注:違ったようだ)だから、次の運命の別れ道は今週出した告発状が差し戻されてきた瞬間です。告発委任状を託した方は他人事じゃ済みませんよ。余命が無限ループ発動するか否かは、これからの読者コメントにかかっているかも?(どうせ余命は聞く耳は持たない老人性難聴の可能性が高いが、告発委任状を出された方に忠告だけはしておきます。これで心置きなく高見の見物をさせていただく。)

 1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

1148 外患罪原告団と告発人募集

伏見告発においては、すでに3回も地検に足を運んでいる。

1214 寄付金メッセージ55

現実に事務所が立ち上がって什器備品が整備され、電話もメールもブログ、ホームページも運営完了となっている。すでに事務員もいて数組織が利用し、共同事務所としての機能も果たしている。

この数組織って具体的にはどこですかね? 在特会と行動する保守かな?

http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A

なでしこアクションの山本優美子さんは、在特会時代は「桜ゆみこ」だったのか。

もしや事務員って「おかかさん」だったりして? 収入増やしたいって言ってたからね。