29. F事案

「外患罪」告発までの繋ぎとして、お盆前には告発状が出たはずの「伏見事案」

1147 告発委任状5 (2016.9.1.)

>..... さて、26日、横浜地検の伏見事案の御報告。
名誉毀損については、余命および余命ブログの誹謗中傷に対して、当事者の被害届がないため立件が難しいとのこと。また虚偽告発については、告発という法意から処罰は難しいとのことであった。ただ、他の件は事務方に回って処理しているということだから、近いうちに起訴ということになりそうだ。

弁護士ならぬ専門家が堂々と挙げた4つの罪(余命リンク)

1.名誉毀損罪( 刑法第230条第1項)
2.信用毀損、偽計業務妨害罪
3.虚偽告訴罪
4.脅迫罪

のうちの、1と3はアッサリ却下

>.....現実に余命関連で、伏見告発事案に証拠として付記した3月の朝鮮人に対する余命殺害教唆記事についても、削除してあるからとしてノーカウントである。

4についても成立せず、残るは2だけだったようだが起訴されたのかな?そろそろ初公判の日取りが発表になってもいい頃合いだ。

この対伏見訴訟において学んだことが、いろいろある。

  • 匿名(HNあるいはA氏)であれば、名誉毀損は成り立たないこと。
  • 匿名(井上太郎)であっても、相手の実名を出せば名誉毀損が成り立つこと。
  • 余命本人には被害届が出せない理由があること。(横浜地検に何度も足を運んでも、被害届だけはガンとして書かなかったために、せっかくの有志の告発が流れてしまったようだ。)
  • 恫喝も削除すればノーカンであることを余命も知っていたこと

学びの場を提供して下さった伏見&余命の両氏には感謝申し上げたい。

 1. はじめに(お願い)へ戻る